ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

なんか近いぞ!?ドミトリー・ビボルvs.ジョー・スミス・ジュニア。コメントもあり。

こんにちは管理人です。

今日は2019年3月9日に行われたWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ

王者ドミトリー・ビボルvs.ジョー・スミス・ジュニアの一戦です!!

f:id:TBT:20190309160131j:image

www.boxsharpjab.com

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

この試合はビボルの5度目の防衛戦。ビボルはここ最近アイザック・チレンバ、スリバン・バレラといったコンテンダーと元王者のジャン・パスカルを破ってきたオーソドックスの強打者。今後の統一戦も見据えてスミスを挑戦者に迎えた!

スミスはバーナード・ホプキンス、アンドレイ・フォンフォラをKOしたオーソドックスのブルファイター。特別なセンスはないものの、近づいて放つ右フックは当たると一撃で試合を終わらせられる。

 

そしてこの試合は前に出てハンマーのような左右フックを振るスミスをビボルがワンツーでコントロール。しかし間合いが近く時折スミスのフックが当たる展開となり、ビボルが判定勝ち。三戦連続で判定勝ちとなりました!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

ガードを固めて前進するスミスにビボルは鋭いジャブをついてこれがよく当たる。

スミスは明らかに一発を狙っているようでワンツー、入り際に左フックをもらってもどんどん前に出て右を振る。

 

2ラウンド

少し近い間合いで対峙する2人だがスミスの右フックは見切られておりビボルの左フックが冴える。

さらに長い右ストレートを当てて入り際に右ショートを当てるがスミスは効いたそぶりがない。

 

3ラウンド

スミスはガードの上からワンツーを放つがビボルは下がって矢のようなワンツーをつく。

右フックに合わせて左フックを当ててパンチのキレには大きな差がある。

スミスはラウンド1分過ぎ大きな右フックをヒットして前に出るがビボルは落ち着いて下がって間合いを保つ。

スミスはガードの上からでも右を放って当てると怖い武器を振り回す。

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

4ラウンド

スミスは突進してビボルはクリンチしてジャブをついて間合いを保つ。

ビボルは落ち着いて下がってはワンツーをついてアウトボクシングするがなんだか間合いが近くてうまくアウトボクシングできない。

www.boxsharpjab.com

 

 5ラウンド

ビボルは姿勢を高く保って入り際にジャブをダブルで当てるがスミスは止まる気配がない。

ビボルは中盤ジャブから大振りの左フックを当ててガードの甘いスミスにヒットを重ねる。

スミスは接近戦で大振りの左フックを放つがかわされてビボルは入り際に右を狙う。

 

 6ラウンド

スミスはとにかく前に出て右を振るがビボルのジャブが邪魔で踏み込めない。

中盤長い間合いからのビボルのワンツーが決まってスミスは容易に踏み込めなくなってくる。

 

 7ラウンド

ビボルはワンツーをついてスミスとの間に間合いを作る。

スミスは軽いジャブを放つがビボルは左フックのカウンター!少し効いたスミスは下がってビボルはワンツーを振るがスミスはガードして思いっきりフックを振るなどカウンターを狙う。

 

8ラウンド

ビボルはジャブをついてスミスを中間距離に釘付けにしたいがスミスはジャブをついて前に出てくる。

ビボルは中盤左フックをガードの外から叩き込んで右も刺すがスミスはタフでダメージを見せない。

中盤左右フックをガードの外から叩き込んでスミスをロープに追い込むがスミスもジャブを返してくる。

www.boxsharpjab.com

 

 9ラウンド

序盤クリンチのスミスはビボルを抱え上げてマットに叩きつけるなどかなり気が立っている。

ビボルは中盤左ボディを差し込んでスミスとの間合いが少し遠くなる。

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

 10ラウンド

ビボルはジャブを上下に散らしてワンツーのコンビネーションをガードの上からねじ込む。

スミスは右を当てるスペースとタイミングを与えてもらえず少し苦しくなる。

 

11ラウンド

スミスは劣勢を意識して前に出て左右フックを振るがビボルは落ち着いて間合いを取る。

スミスは多少の被弾は気にせずに右フックを振るがビボルはブロック。しかしあっさりとインサイドに入られてこの辺りは経験不足か。

 

12ラウンド

スミスは左フックのリードから右をスイングするがビボルはスウェーでかわす。

ビボルは左右ボディを差し込んで前進を止めようとするが思ったように止まってもらえない。

中盤入り際に右ストレートを当て、終了間際に一気呵成の連打を見せてストップ寸前まで追い込むがゴングが鳴る。

 

採点は119-119が2人、118-110が1人の3-0でビボル!

ちなみに僕は118-110でビボルでした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

ビボルさん持て余す…

 

うーん、なんか開始から間合いが近いなとかなり感じていて、もう少しビボルの回転力が高ければもっと楽な試合になったかな。

 

スミスは基本的に近づいて左右フックをガードの外から放ってKOする。それが全てのようなファイターで、ビボルがここまで苦戦するとは思わなかったな。

 

以下はコメントです。

 

ビボル"もちろん簡単な試合ではなかった。ハードにトレーニングしたけどスミスもハードパンチャーだし、ハードな試合だったよ。試合の最後はKOできると思った。でもそれはゴールではない。ドラマのような試合だった。ディフェンスも良くてインテリジェントな戦いだった。これはスマートなスポーツだし、頭を使わなければならないんだ。側頭部に彼の右が当たるのを感じたよ。バランスを崩して反応する間もなかった。あれはいいパンチだったね。"

 

うーん、スミス相手ならKOもあるかなと思ってたけど仕留めきれんかったな。相手のレベルが上がるにつれて少しパフォーマンスが落ちてる気もするかな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com