ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

レベコさん川崎市に降臨…ファン・カルロス・レベコvs.黒田雅之

こんにちは管理人です。

今日は2013年日本の神奈川県川崎市で行われたWBA世界フライ級タイトルマッチ

王者ファン・カルロス・レベコvs.黒田雅之の一戦です!!

f:id:TBT:20190223210815j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はレベコの3度目の防衛戦。ライトフライ級でも正規王座と暫定王座を獲得し、2階級制覇王者と3冠王の称号を持つレベコはフランスで金メダリストのブライム・アブスロウムとの敗戦しかなく、アルゼンチンの軽量級の誇る名王者。

黒田は日本ライトフライ級王者で今回階級を上げてのチャンスを地元で迎えることとなった。レベコよりも身長で10センチ上回りリーチも長い黒田は懐を生かして戦いたいところだ。

 

そしてこの試合は試合巧者のレベコが黒田の懐に侵入して手数で圧倒。黒田もタフネスを証明したがパンチをもらうシーンが多く、世界初挑戦での奪取はならなかった。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

黒田は長い距離からワンツーをついてレベコは踏み込んで左右ボディを当てる。

中盤レベコが長い間合いからワンツーを当てて、レベコがジャブをつくと黒田は被弾してしまう。

レベコは左ボディを軸にコツコツ当てて左フックをリードに使う。

 

2ラウンド

黒田は左右フックを大振りで振り回してロープに詰めるシーンを作る。

黒田は長い間合いからジャブをつくがレベコはブロックして左フックを上下に散らす。

さらに黒田の打ち終わりにワンツーを返してキャリアの差を見せる。

 

3ラウンド

レベコは打ち終わりにワンツー、左フックを合わせて多彩なパンチで上回る。

さらに左ボディを当てて左フックを顔面に、ほとんど右を出さずに黒田を圧倒する。

 

4ラウンド

黒田はプレッシャーをかけて左ボディを放つがレベコの最短距離を走るワンツーをカウンターで被弾する。

さらに動き出しにもワンツーを当てて中間距離から左右ボディを打ち込む。

(WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com

 

 5ラウンド

黒田は時折ジャブを当てるがレベコはジャブに左フックを合わせる。

中盤黒田のジャブがコツコツ当たるがレベコも相打ちのタイミングで当ててきて対応してくる。

 

 6ラウンド

レベコは打ち終わりにジャブを当てて黒田は左右ボディで肉薄する。

中盤右ボディを数発当ててレベコも接近戦で左ボディを返す。

さらに終盤レベコがガードの外から右フックを狙ってペースを渡さない。

 

 7ラウンド

レベコはもみ合いの中でも左ボディを痛打してさらに顔面に左ジャブを当てる。

レベコは左右ボディを軸に手数を増やして巻き返すため黒田の手数が相対的に低くなる。

 

 8ラウンド

レベコは左フックのカウンターを狙っており、踏み込んでのワンツーが当たる。

さらに残り1分にはレベコの右クロスが当たって左ボディをコツコツ差し込む。

www.boxsharpjab.com

 

 9ラウンド

黒田は前進して左ボディを当てるがレベコのヒット率が高く追いつけない。

さらにガードの上からワンツースリーまで出して左フックをリードに使う。

 

 10ラウンド

レベコはジャブを動き出しに当てて左右ボディ、黒田は手数も落ちて苦しい。

さらに左フックを上下に散らしてワンツーを2度当ててから手数を増やすなど経験値も見せる。

 

11ラウンド

レベコは左フックを打ち込んでは近づかれると腕を絡めてクリンチ。離れると左右を放って遠ざける。

中盤左右ボディを大振りで当ててガードの間から左アッパーをヒット。黒田は巻き返せずに苦しい。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

12ラウンド

黒田は勝負をかけて前に出るがレベコはワンツー、左フックを放ってペースを渡さない。

中盤には打ち終わりに左フックを当てて大振りの右打ちおろしもヒット!黒田に付け入る隙を与えないままゴングが鳴る。

 

判定は117-111が2人、116-112が1人の3-0でレベコ!!

ちなみに僕は117-111でレベコでした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

まぁそうなるさ…

 

百戦錬磨のレベコ相手に黒田ではかなり厳しいやろうな…と思ってたけどその通りだった。黒田はよく頑張ったけどレベコの牙城は揺るがなかったかな。

 

レベコは身長が低いけど中間距離がうまい。左の多彩さは井岡戦でも示した通りで正確で左ボディはかなり強い。

 

黒田もこの後フライ級に上げてスランプを抜け出してムザラネ戦。でもこの選手は土壇場で頑張りきれないのが痛いな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com