ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ポーターさんブローナーに突進…ショーン・ポーターvs.エイドリアン・ブローナー

こんにちは管理人です。

今日は2015年にアメリカで行われたウェルター級ノンタイトルマッチ

ショーン・ポーターvs.エイドリアン・ブローナーの一戦です!!

f:id:TBT:20190223132801j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は元ウェルター級王者同士のサバイバルマッチで試合は144ポンドのキャッチウェイトで行われています。

ポーターは元IBF王者の突貫小僧。ウェルター級屈指のフィジカルと突進力、体力が持ち味の頑張り屋さんでデボン・アレクサンダーに番狂わせの判定勝ち。ケル・ブラックには敗れたものの再び世界を狙うためにこの試合に臨みます。

ブローナーは元WBA王者で3階級制覇王者。メイウェザーの弟子として有名で過激な発言と問題行動ばかり起こすボクシング界で最も取り扱い注意な男。マイダナには敗れたもののネームバリューは抜群でこの試合が再起4戦目になりますね!

 

そしてこの試合はポーターが持ち前のフィジカルでブローナーを押し込みまくるインファイトに持ち込みます。ブローナーは12ラウンドにダウンを奪うものの判定負け。しかし試合後負けても俺は人気者だと語ってヒールっぷりを見せつけています笑。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

ブローナーはジリジリ距離を詰めてポーターは踏み込んでジャブをボディに伸ばす。

ブローナーは左フックのリードをダブルで放ってスピードでは優位に立つ。

中盤ポーターはブローナーの打ち終わりに一気に距離を詰めてボディを放つ。

終盤もみ合いの中でもポーターがボディをねじ込んでジャブで思い切り踏み込む。

 

2ラウンド

ポーターはジャブで踏み込んでもみ合いに持ち込んでフィジカルの優位性をふんだんに活かす。

ブローナーは入り際に左フックを置いて接近戦でも右フックに反応するなど調子は良さそうだ。

ブローナーは中盤ポーターの入り際に右ショートを当てるがポーターは大振りの右フックをヒット!さらにボディで踏み込む。

 

3ラウンド

ポーターはもみ合いになっても右ボディをねじ込んで躊躇なく踏み込む。

中盤ポーターのジャブでブローナーは仰け反ってアウトプットも少ない。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

序盤ブローナーがバランスを崩すと再開後すぐに距離を詰めるポーター。

ガードの上から右フックを振って頭から突っ込む。

中盤にもガードの隙間からジャブをねじ込んで接近戦でアッパーも狙う。

ブローナーはかなりイライラしており離れ際にグローブをポーターの顔に押し付ける。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 5ラウンド

ブローナーは不利を意識して手数を増やすがポーターはジャブからフックにつなぐ。

ブローナーはポーターの打ち終わりに右リードを当てるなどセンスの良さを見せ、ポーターの前進が若干弱まる。

終盤にもポーターの動き出しに右リードを当ててクリンチで前進をいなす。

 

 6ラウンド

序盤前に出るポーターに左フックをヒットさせるブローナーは動き回ってポーターはボディをねじ込む。

ポーターは終盤右フックのリードを浅く当ててブローナーは入り際に右アッパーを狙うが当たらない。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

ブローナーは入り際にカウンターの左フックを狙うがポーターは頭を低くしてボディで前に出る。

ブローナーは接近戦で右アッパーを浅く当てるがどうしても押し込まれてしまうため手数が少ない。

 

 8ラウンド

ブローナーは序盤ボディをもらいながらもジャブを返してポーターは接近戦でボディを連打する。

さらに中盤ポーターの打ち終わりに右リードを当てて入り際に右ショートを浅く当てる。

ポーターはボディを連打するもののプレッシャーをかけられて少しやりにくそうだ。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 9ラウンド

ポーターは左フックから踏み込み、ブローナーは右アッパーを入り際に置くなど一筋縄ではいかない。

中盤ポーターはワンツーを当てて右スイングを豪快に空振りする。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ポーターは序盤右ストレートをクリーンヒット!ブローナーは少し効いたようでロープに詰まるがすぐにリング中央に戻る。

ポーターは終盤もなりふり構わず組みついてボディをねじ込むなどフィジカルでブローナーを圧倒する。

 

11ラウンド

ブローナーは動き回ってポーターの入り際に右を振り抜く。

ポーターは追いかけ回してブローナーが下がっても来るためブローナーは精神的にも苦しく、プッシングで減点されてしまう。

 

12ラウンド

ラウンド開始早々ポーターの動き出しを狙ったブローナーの完璧なタイミングの左フックでポーターは尻餅をつくダウン!!

ポーターは効いているようでブローナーはフィニッシュを狙うがポーターはくっついてボディをねじ込む。

ブローナーはポーターの入り際に思いっきり右アッパーと左フックをカウンターで狙っており、当たるとかなり怖い。

ポーターは組みついてボディを繰り返してダメージを残しながらもなんとかゴールテープを切る。

 

判定は114-112.118-110.115-111の3-0でポーター!!

ちなみに僕は115-111でポーターでした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

ブローナーの左フックすご…

 

この試合の印象はそこかな笑。ブローナーのセンスの良さというのはもはや天才的ですよね笑。個人的にブローナーのようなアウトボクサーが好きなので。

 

試合自体はポーターが持ち前のフィジカルと突進力で完勝。ブローナーが接近戦で打てるパンチがないことを見越しての作戦であれをやられるとアレキサンダーよろしくかなり苦しい。

 

ちなみにこの試合からポーターが世界王者に返り咲くのは3年後。ウェルター級の層の厚さというかトップ同士のつぶしあいを制してもなかなかチャンスが巡ってこないんですね…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com