ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

チャーロさん快進撃…ジャーモル・チャーロvs.ウィルキー・キャンプフォート

こんにちは管理人です。

今日は2015年アメリカで行われたIBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王者ジャーモル・チャーロvs.ウィルキー・キャンプフォートの一戦です!!

f:id:TBT:20190225225516j:image

www.boxsharpjab.com

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

この試合はチャーロの初防衛戦。2度世界王者となったベテランのコーネリアス・バンドレイジから4度のダウンを奪う快勝で次世代のスター候補としてのポテンシャルを存分に見せたチャーロブラザーズのお兄ちゃん。今回の試合はその鉄拳で豪快なKOが期待されています。

キャンプフォートはここまで1敗のハイチ系アメリカ人。4回戦時代に判定負けしたもののみしか敗戦はないコンテンダーだが10回戦は2度のみ。しかも戦った最長ラウンドは8ラウンドと経験不足感は否めない。

 

そしてこの試合はチャーロがやっぱり爆発。初回からパワーとスピードで上回ったチャーロが都合3度ものダウンを奪い、4ラウンドにキャンプフォートを沈めてあっさりと初防衛に成功しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

チャーロは開始からプレッシャーをかけてジャブをロングレンジからつく。

キャンプフォートはガードをあげてジャブを放つが間合いが遠くて当たらない。

チャーロはガードの上からでもジャブを当てて接近されると右ボディをねじ込む。

 

2ラウンド

チャーロはジャブでキャンプフォートの顔面を弾いて入り際に右ショートをヒット!効いたキャンプフォートは膝が曲がりチャーロはワンツーを振り回す。

キャンプフォートは右ボディを当てるが距離が遠く中盤入り際にジャブをもらって右ストレートで後方に尻餅をつくダウン!!

大きなダメージはないようだがキャンプフォートの表情には余裕が全くなく、接近を試みるがチャーロは距離をとってじわじわ攻める。

www.boxsharpjab.com

 

3ラウンド

チャーロはジャブを放っては離れてキャンプフォートは踏み込んでくっつく。

そして序盤キャンプフォートの踏み込みに合わせた左フックでキャンプフォートの動きが一瞬止まり、追撃の右ストレート、ジャブ、右アッパーでキャンプフォートはダウン!!ラビットパンチをアピールするなどかなり弱気だ。

チャーロはフィニッシュを狙って前に出るがあくまで慎重に追い詰めていく。

長い間合いからのジャブを忘れず抜け目のないチャーロはワンツーをガードの上から当ててキャンプフォートを削り続ける。

ジャブにも右ストレートをかぶせてキャンプフォートも懸命に腕を振って前に出る。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

4ラウンド

チャーロは左ジャブとフックを使って間合いを保つが、キャンプフォートは思い切って前進。

ワンツーを振りながら肉薄するがラウンド1分過ぎチャーロの左アッパーをもらって目を気にしながら後退。チャーロのショートワンツーで自ら膝をつくダウン!!右目を気にするキャンプフォートは続行を拒否してチャーロの初防衛が決まった!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

キャンプフォートさんそのメンタルでは勝てんよ…

 

ファンの1人として、素人として言わせてもらいますけど立ち上がったけど続行はしたくないというファイターはじゃあ立つなよと言いたくなる。

 

ファンとして、立ち上がった以上は試合の続行をしてほしい。それができないなら立たずに10カウントを聞いた方がスッキリするかな笑。

 

チャーロに関してはお見事。しかしこの試合でも接近されると少し出せるパンチが少なくなるところを露呈しておりゴロフキンとやってたらやばかったかもな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com