ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ジェイコブス"カネロのゴロフキン戦の勝利で今回の判定はカネロ不利かもね"ソトupdates!

IBF世界ミドル級王者でカネロとの統一戦に挑むダニエル・ジェイコブスさん。カネロは議論を呼ぶ判定でゴロフキンに勝利しましたが、フェアではないので次はカネロが判定不利ではないかと見ております。

f:id:TBT:20190306152322j:image

 

www.boxsharpjab.com

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

ジェイコブスはカネロとゴロフキンの試合は初戦がゴロフキンの判定勝ち。2戦目はドローかスプリットディシジョンでゴロフキンだろうとしております。

 

"ゴロフキンに勝ってくれて俺もゴロフキンに勝ったような気分だよ。だけど俺はカネロがゴロフキンに勝ったとは思っていない。初戦はユナニマスでゴロフキンだ。そして2戦目はスプリットでゴロフキンか最悪でもドローだな。ここらで全てをフェアにしないか?これはボクシングというスポーツだし、みんなわかってるはずだ。勝ったけど誰も納得してなかった場合は次の試合では勝てないんだよ。ボクシングはベストな男が勝つスポーツだし、なんでフェアにならないんだろうな?ジャッジのことについて話してることは好きじゃないよ。ベストじゃないやつが勝つことはスポーツの評判を貶めている。カネロのキャリアを振り返るとそれは問題なんだよ。別に注目されようとしてこんなこと言ってるわけじゃないけどね。"

 

ジェイコブスさん結構言うな…てゆーかその法則はパッキャオvs.ブラッドリーの法則では??

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて先日メキシコでブランドン・リオスを相手に番狂わせの判定勝ちを収めたウンベルト・ソトさん。元3階級制覇の技巧派は4月26日にジェシー・バルガスと対戦する可能性があるそうです。

 

ジェシー・バルガスは同日にスーパーウェルター級デビュー戦を画策しておりソトのリオス戦もスーパーウェルター級のでしたな。

 

"バルガスとの試合が俺のキャリアの次戦になるかもね。リオスとのティファナでの試合が終わった後プロモーターが俺にアプローチしてきたよ。俺は適切な金さえくれたら試合はやると答えてやったよ。彼らは俺の要求を今見直してるだろうし、フィックスしたら試合はやることになるだろうな。俺は引退する前にプロとしてすごく大きな試合をして俺を支えてくれたファンや世界王者にならせてくれたプロモーター達に最高のショーをやりたいんだ。引退したらボクシングと関わるつもりはない。何か他のことをするさ。州の知事とか議員とかをやってみたい気持ちはあるんだよ。"

 

ソトの人望があるからこそあのファイトスタイルで3階級やれたと思うし、知事とかにもなりそうやな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com