ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

井岡さん勝って1度目の引退…井岡一翔vs.ノクノイ・シップラサート

こんにちは管理人です。

今日は2017年日本の大阪で行われたWBA世界フライ級タイトルマッチ

王者井岡一翔vs.ノクノイ・シップラサートの一戦です!!

今をブレない。

今をブレない。

 

 

 

www.boxsharpjab.com

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

この試合は井岡の5度目の防衛戦。大晦日に暫定王者のスタンプを嘔吐させる強烈なKOで防衛を果たした井岡は2位のノクノイを迎えました。井岡は技巧派王者で3階級制覇王者。今回の試合の予想もかなり有利でしたね。

ノクノイはWBCインターナショナル王者。タイの強打者でここまで連勝街道をひた走ってきている。

 

そしてこの試合は予想有利の井岡が間合いを掌握してノクノイを圧倒!あくまでも無難に勝ち切るクレバーな判定勝ちで5度目の防衛に成功。この後大晦日に1度目の引退を発表しています。

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

井岡はジャブをついてノクノイのボディにジャブをつく。

ノクノイは間合いを保ちながらジャブをつくが井岡はワンツーを浅く当てる。

ノクノイは様子を見ているのか踏み込めず井岡は右ボディを放つ。

 

2ラウンド

井岡は左ボディを軸にしてノクノイは右フックを思い切ってガードの上から放つ。

中盤スッとインサイドに入った井岡は左右ボディを当ててすぐに下がる。

ノクノイの踏み込みの分だけ下がってこの辺りの間合いは抜群にうまい。

 

3ラウンド

井岡は左ボディを差し込んでノクノイの追撃はブロック。

ノクノイはインサイドで右フックを当てるがパワーはあまり感じない。

中盤井岡はジャブをコツコツついて間合いをキープ。距離感でノクノイを支配する。

 

4ラウンド

ノクノイは体を振って踏み込むもののブロックされてヒットを奪えない。

中盤に接近戦でノクノイの打ち終わりに左フックを当てて離れては右ボディから左右ボディでスッと下がる。

ノクノイは打ち終わりを狙うが的確性で圧倒される。

www.boxsharpjab.com

 

 5ラウンド

井岡は開始から接近して右ショートをヒット。さらにジャブのダブルから右ボディにつないでサラッと下がる。

しつこくボディを放つ井岡は後半にKOを狙っているようでノクノイは反撃のきっかけをつかめない。

終盤にも左ボディをしつこく打ってノクノイは少し嫌がっている。

 

 6ラウンド

ノクノイは手数を増やして前に出るが井岡はコンビネーションを放ってすぐに下がる。

接近戦では左右ボディからすぐに下がってノクノイも入り際にジャブを放つなど実力の片鱗を見せる。

ノクノイは終盤打たれても腕を懸命に振って打ち返して流れを変えようともがく。

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

 7ラウンド

井岡は左右ボディをしつこく放ってノクノイを下がらせる。

ノクノイは井岡の右ボディの打ち終わりを狙うが井岡のバックステップは速くて当たらない。

 

 8ラウンド

コツコツジャブを当てる井岡はノクノイのガードをすり抜ける。

井岡はラウンド1分過ぎ右ボディをダブルで当ててノクノイは明らかに嫌がっている。

中盤には右の打ち下ろしを当ててノクノイも接近戦で左フックを返す。

www.boxsharpjab.com

 

 9ラウンド

井岡はスッと接近して左アッパーを当ててスッと下がる。

このアッパーがよく当たってパンチの多彩さでノクノイを圧倒。ノクノイは距離を取られて苦しくなる。

中盤にはジャブで顔面を跳ね上げてノクノイのガードが下がってきた点をつく。

 

 10ラウンド

井岡は足を使ってジャブをついて接近されると右を振る。

中盤にはノクノイのジャブに左フックをカウンター!ノクノイは効いたようで下がる!!

井岡は慎重にジャブをついてダメージを蓄積させる手堅いボクシングを展開する。

 

11ラウンド

井岡は開始早々ガードの外から右フックをヒット。左ボディをダブルで当ててノクノイはよく耐えている。

さらに井岡は距離を詰めて左右ボディから顔面へ左フックの返し…ノクノイは顔面が跳ね上がって明らかにダメージを負う。

ノクノイはよくくっついて打ち返すなどタフネスを見せるが接近戦でコンビネーションをもらってかなり苦しい。

KO寸前だが井岡は無理をせずにノクノイが打ち返してくると下がる。

 

12ラウンド

井岡は右フックから左フックをロングで当ててノクノイはよく打ち返してくる。

動き出しに右フックをコツコツ当ててジャブには右を被せ圧倒的に優位。

ノクノイは流石に打ち返せなくなってきて守勢に追い込まれるが井岡は警戒して詰めにはいかない。

 

判定は117-110が2人、116-111が1人の3-0で井岡!!

ちなみに僕は118-110で井岡でした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

リスクヘッジしすぎちゃう?

 

まぁ性格的な部分もあると思うし、自分が好きなアンドラーデとかウィテカーもそうなんですけど、無理に倒しに行かないスタイルってやっぱり緊張感はないですよね。

 

井岡の場合は特に軽量級なのでそれが尚更増してくるというか…正直詰めればストップできたんじゃないのかなとは思いますね。

 

ノクノイはタフな選手でしたけど今回は相手が悪かった。井岡に勝つにはパワーとスピードで上回らなければ苦しいですよね…アムナットみたいな選手ってなかなかいないし、カバジェロとか、サパタとかならいけるかな?

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com