ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

デービス"ロマチェンコ戦は実現する。ただし、適切な時にだ"updates!

先日ウーゴ・ルイスを初回で下して初防衛に成功したWBAスーパーフェザー級スーパー王者のガーボンタ・デービスさん。ロマチェンコへの対抗馬とみられていますが今すぐ対戦するつもりはないようです。

f:id:TBT:20190212082414j:image

 

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

 

デービスはロマチェンコ戦をしきりに聞かれてロマチェンコが最高のボクサーの1人として任されることも気に入らないようです。

 

"時々イライラするよ。俺はロマチェンコの名前を出し続けたくないな。ソーシャルメディアでは俺がロマチェンコの名前を出してることになってるからね。でもそれはあいつがまだプロ12戦目で高くランクされてるからだ。俺と同じ相手とやってるのにな。みんなあいつを過大評価してるんだ。それに俺もペドラサとやったしペドラサを煙に巻いてなんかいない。俺はいいパフォーマンスをしたけどペドラサはタフだった。何発かパンチを入れた時倒れると思ったけど倒れなかったからね。最終的には俺はロマチェンコとやると思うよ。"

 

デービスは初めての世界挑戦でIBFスーパーフェザー級王者として君臨していたプエルトリコの技巧派サウスポー、ホセ・ペドラサと対戦。ペドラサは確かなテクニックを持つ元オリンピアンでしたがデービスは持ち前の踏み込みのスピードと振り回す左強打でペドラサを 7ラウンドにKOしちゃいました。

 

ペドラサはその後ライト級にあげてWBO王者のレイ・ベルトランから左アッパーでダウンを奪う快勝の判定勝ちで2階級制覇、初防衛戦でWBA王者のワシル・ロマチェンコとのビッグマッチに挑んで大善戦しましたが11ラウンドに2度のダウンを奪われて大差判定負け。しかし大きなハートを見せて敗れてなお評価を上げる形となっております。

www.boxsharpjab.com

 

 

デービスはロマチェンコとの試合の時期についてはメイウェザーやアル・ヘイモンに任せるとしておりロマチェンコとの試合決定にはトップランクとの協議、交渉も必要となってきますな。

 

"実は俺とメイウェザーはそのことについて話したんだ。俺とヘイモンも話したんだぜ?でも適切な時に対戦するってのが結論だ。全ては一夜にして起こらない。前にヘイモンとアラムが一緒にビジネスをしたのは知ってる。でも彼らを共に仕事させるのはしんどいよ。でも俺は試合をするだけだ。俺には素晴らしいチームがあるし、彼らについていくよ。決断するのはロマチェンコだけじゃないからチームの言うことをよく聞く。彼はファイターだから彼の周りにもチームがいる。だからロマチェンコも俺と同じことを考えてると思う。俺も勝てると思うけど今は適切な時じゃない。彼にも同じことを言う奴がいるのさ。だから俺もチームの言うことをよく聞くようにしてる。"

 

ロマチェンコvs.デービスはかなり楽しみやけどここ数年は起きないやろうな…やるならライト級か…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com