ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

タビチよドルティコスさんにレッスンをするのじゃ…ユニエル・ドルティコスvs.アンドリュー・タビチ予想

こんにちは管理人です。

今日は2019年に行われる予定のWBSSクルーザー級トーナメント準決勝

ユニエル・ドルティコスvs.アンドリュー・タビチの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190211192142j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合はまだ日にち、場所とも未定ですね!

 

両者の紹介

 

ユニエル・ドルティコスについて

ドルティコスは1986年生まれの32歳。キューバ生まれで現在はフロリダ州マイアミを拠点にする元WBA王者で23勝のうち21KOと豪打を誇っています。

 

昨年のトーナメントでは1回戦を強烈なKOで勝ち上がったものの、準決勝で敵地ロシアに出向きIBF王者のムラト・ガシエフとの激闘に敗戦。ロープから体がはみ出す強烈なKOで初黒星を喫しています。

 

しかし今年のトーナメントにて復活。一回戦ではオーランドでマリウス・マステルナクと対戦。ガードをしっかりと固めるマステルナクに苦戦したものの判定勝ちを収めて準決勝に進出してきました。

 

選手としての特徴は何と言ってもその豪快な右ストレートをねじ込んでくる剛腕スタイル。ガードの上からだろうがねじ込んでくる右は1発当たれば真面目にアウト。ガードの上からでも体が揺れるパワーを誇ります。

 

しかし弱点はリングI.Qのなさ。とにかく右を振ってくるだけのボクシングをするためガシエフにはガードを固められて打ち終わりを狙われる、ボディで削られるなど工夫のない面が目立つ。

 

今回の相手のタビチはかなりスマートな選手のため右ストレートを振るだけではおそらく倒せない。この半年間の間に右ストレートを当てるためのスマートな戦い方を身につけていればいいけど…

www.boxsharpjab.com

 

アンドリュー・タビチについて

タビチは1989年生まれの29歳。アメリカのシカゴ出身で現在はラスベガス在住。メイウェザープロモーション所属でトレーナーはメイウェザー・シニアである。

 

17勝のうち13KOと強打を誇り、1回戦では敵地ロシアで無敗のルスラン・ファイファーをキリキリ舞いにする判定勝ち。初黒星をなすりつけて下馬評を覆す勝利を挙げた。

 

選手としての特徴は優れた身体能力からなるスピード、カウンターのセンスを生かしたアウトボクサー。相手の打ち終わり、動き出しを狙ったジャブが良くテクニックに優れている。

 

今回の相手のドルティコスはマジで脳筋。とにかく右を振ってくるためしっかりガードを固めて下から攻めていけば自ずと失速し、ジャブに合わせる右などでチャンスが生まれてくるはずだ。

www.boxsharpjab.com

 

試合予想

 

今回の予想だがタビチの判定勝ちでいきたいと思う!!

 

展開としてはいつも通りガードをあげてワンツーを振り回して明らかにKOを狙いに来るドルティコスさん。タビチはガードをしっかりとあげてドルティコスの右を警戒する。

 

ドルティコスは4ラウンドあたりまでブンブン右を振り回してくるがタビチはコツコツボディを打ち終わりに当ててドルティコスを削り始める。動き出しにはジャブを置いてドルティコスの右はしっかりガードする。

 

中盤以降はドルティコスが疲労からか少しガードが下がり始めてタビチのジャブが顔面を弾くシーンが増える。そのままガードの外から飛ばすフックもコツコツ当ててドルティコスの顔面が揺れるシーンが目立つ。

 

ドルティコスも最後まで前に出て右を振り回してくるもののタビチは終盤リードを確信。12ラウンドはスルスルと逃げ回る判定勝ちで決勝へと駒を進め、ダークホースが優勝を狙える位置に浮上する。こんな感じかな。

 

てゆーか多分だけどドルティコスさんの脳筋ファイトではタビチを捕まえられないと思う。タビチはジャブにもパワーがあるしパンチをちょこんと当てる技術も高い。ドルティコスのリズムを崩すことはそんなに難しくないはずだ。

 

てゆーか今年のクルーザー級トーナメントはあまりにも華がない。一番勝って盛り上がるのはドルティコスなんじゃないかな?と思うくらいガシエフとウシクを欠いてしまうとメンツに華がありませんな…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

 

www.boxsharpjab.com