ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

マチャド、カンシオ試合後のコメント!!updates!

先日カリフォルニアにて行われたWBAスーパーフェザー級タイトルマッチで王者のアルベルト・マチャドを大番狂わせの4ラウンドKOで破ったカンシオさん。どちらもコメントが入っております。

f:id:TBT:20190211112243j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

マチャドは初回に左アッパーでダウンを奪ったものの3ラウンドにロングの左フックを浴びて後退。そこから接近戦で連打に巻き込まれて4ラウンドに右ボディ!そこから三度のダウンをボディで奪われて3ノックダウン制によるKOでまさかの初黒星を喫しましたな。

 

まずは敗れたマチャドさん。リマッチを望んでいますが、減量が苦しかったようです。

 

"リングで弱く感じたよ。リマッチはやりたいな。だけど俺はライト級にあげなきゃならないと思う。まぁまだわからないけどね。"

 

続いて地元のカリフォルニアを大歓声の渦に巻き込んだカンシオさん。

 

"これは俺の人生をかけた試合だった。この試合にKOで勝てて本当に最高の気分だよ。俺はこの試合をジャッジの採点に任せたくなかったんだ。ここまでの道のりはとても長かったし、なんていうか信じられないな。俺からしたらプラン通りに動けて本当に気分がいいよ。マチャドは初回を俺をダウンさせたけどあれはフラッシュノックダウンだった。俺は足を取り戻してリズムを取り戻したんだ。俺は試合から逃げ出したりなんかしない。最高にハッピーだよ。"

www.boxsharpjab.com

 

勝つためにやらなければならなかったことは?

"ジムに戻って俺は証明しなきゃならないことが多くあるってわかってた。みんな俺のことを疑っていたし、誰も俺が勝つって思ってもなかったよね。だから俺への批判は望ましかったし、みんな俺がマチャドに勝てるわけないって思ってて、マチャドが簡単に勝つって思ってたんだよね。でも今俺はワールドクラスになったし俺はここにいるぜ?"

 

今回のゲームプランについて

"ボディ、ボディ、ボディの連打からのアッパーカットだね。俺が初回にマチャドにダウンさせられた後俺はリラックスしてゲームプラン通りに動いたんだ。彼はまっすぐ立ってたから俺はボディをしつこく狙って行ったんだ。俺はすごくハードにボディを打っていったし、何度も何度もしつこくボディを打ち始めてやったのさ。"

 

今回の試合はカンシオのベストバウトとして語り継がれそうやし、ソーサがフォルトゥナをKOした時をなんとなく思い出したかな。マチャドはライト級に上がると思うけどライト級ではなかなか世界戦は難しいかな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

www.boxsharpjab.com