ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

デービスのトレーナー"デービスはレナードやハグラーのように語られるべきだ"ステイバーンupdates!

スター候補のガーボンタ・デービスのトレーナーであるカルビン・フォードさん。デービスの才能に惚れ込んでいるようです。

f:id:TBT:20190210103010j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

フォードさんはボルチモアに根付いたトレーナーで7歳の頃からデービスを知っているそうです。そしてキャリアの中で一つでも大きな試合を引き当てれば世界のベストの1人だと認知されるとしています。

 

"みんなに話した通り誰もデービスのベストをまだ見ていない。俺は対戦相手を見てどんなことができるか見るんだよ。だってデービスにはまだ押されていないバダンがあるからね。俺はそのボタンを押してデービスのベストを引き出してくれる相手を待っているんだ。みんなロマチェンコのことばかり話してるし、ロマチェンコの話しか聞かないよね。まだ誰もデービスのことは話していない。アマチュアの頃からすでにデービスを知ってる人ならデービスがスペシャルで他のファイターたちとは格が違うってわかるはずさ。それを世界に示してやりたいんだ。世界にみんながタイソンやハーンズ、レナードハグラーのことを話してるようにデービスのことも話してほしい。あいつらを現代に戻して戦って示したいぐらいだよ。"

 

デービスさん強いけど不祥事でキャリア停滞しとるからなぁ…ブローナーも全盛期は試合間隔短かったからそこかな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて元WBCヘビー級王者のハイチ系ボクサーのバーメイン・ステイバーンさん。前戦ではワイルダーさんにけちょんけちょんにされてしまいましたがあのパフォーマンスについて今更ファンに謝罪しています

 

"俺は前戦でデオンテイ・ワイルダーに挑戦した時に偽物をリングに送り込んだことをファンのみんなに謝罪したい。あれは俺じゃなくて俺の影の部分だ。俺のダメな部分さ。他の誰かなんだ。俺の心が体について行っていなかった。俺の心は戦うマインドじゃなかったんだ。名前だけでリングに上がってたんだ。あの試合の後俺は2度と戦うもんかって思ったし、俺の魂を探したよ。世界タイトルを取り戻すチャンスだったのにね。俺は今回のカムバックに全てを捧げてきた。このゴールに向けて魂もメンタルもフィジカルも用意してきた。ファイティングマシンに戻るために砂漠に行って山にも行って全てを犠牲にしてきた。世界タイトルを取り戻すために何マイルも走ったし、何ラウンドも戦ってグレートなシェイプにしてきたよ。俺のフラストレーションと怒りは最高潮だ。俺の体を破壊のマシンに変える時がきたな。"

 

ステイバーンさんアレオーラに勝った時から短命王者は義務付けられたようなものやったし、ここからの巻き返しは年齢的にもきついやろうな…もう40とかやしな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com