ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ケジャールさん何もできず…ガーボンタ・デービスvs.ヘスス・ケジャール

こんにちは管理人です。

今日は2018年4月にアメリカのバークレイズ・センターで行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王座決定戦

ガーボンタ・デービスvs.ヘスス・ケジャールの試合です!!

f:id:TBT:20190210180413j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

 

この試合は無敗のデービスのスーパーフェザー級二冠をかけた試合。元IBF王者のデービスはウェイトオーバーでタイトル剥奪。驚異的な身体能力とパワーとスピードを持つメイウェザー期待のサウスポーは正規王者のアルベルト・マチャドを飛び越えてのスーパー王座決定戦に出場した!

ケジャールは元WBAフェザー級王者。スーパーフェザー級での実績はないですが、フェザー級ではビック・ダルチニャンやリコ・ラモス、ファン・マヌエル・ロペスといった元世界王者たちに勝利し5度防衛したサウスポー。アブネル・マレスに敗れたものの一流のアルゼンチンファイターである。

 

しかしこの試合はパワーとスピードで大きく勝るデービスが開始から圧倒。強烈な左ストレートを上下に散らして3ラウンドでケジャールをボディとコンビネーションでKO!スーパーフェザー級二冠を達成した!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

 

1ラウンド

ケジャールは速射砲の右ジャブをついて前に出る立ち上がり。

デービスはジャブに左クロスをかぶせて強烈な右ボディを放つ。

デービスはケジャールの入り際にボディを狙い、ケジャールはしつこく左右フックを打つが、デービスの左ボディが効いて下がってしまう!

デービスはロープに詰めて左右ボディをねじ込んでケジャールは位置を変えてなんとか逃れる。

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

2ラウンド

デービスは動き出しに合わせてジャブを出して左ボディを当てる。

そして迎えたラウンド1分過ぎデービスがジャブに合わせた左ボディストレートでケジャールは膝をつくダウン!!

かなり効いており、苦しみながらも立つケジャール。デービスは右ボディを差し込んで顔面にも左をねじ込む。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

3ラウンド

デービスはケジャールの入り際に左ボディを差し込んでカウンターの右フックを合わせる。

中盤にも鋭い踏み込みからの左ストレートを刺して、ラウンド残り1分で左アッパーをカウンター!

ロープに下がったケジャールに左右ボディからの左ボディをみぞおちに打ち込むとケジャールはダウン!

立ってきたケジャールだが左ストレートに右フックのカウンター、そしてガードの上からデービスのパワフルなコンビネーションを受けてケジャールはダウン!!レフェリーがノーカウントで試合を止めた!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

デービスさん並では勝てませんな…

 

たしかにメイウェザーが惚れ込むのもわかるくらいのスーパーフェザー級離れしたパワーは大きな魅力。

 

ケジャールもよく立ってきたし、序盤はジャブで対抗したけどあそこまでスピードとパワーに差があるとどうにもならなかったかな。

 

デービスのスタイルはとてもわかりやすいので今後メキメキ人気が出てくると思います。今後も要注目の1人ですね!

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com