ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲスは5月18日スコットランド開催の見込み!エロルベupdates!

WBSSバンタム級トーナメントで全世界の注目を集める井上尚弥さんの準決勝は5月8日スコットランドのグラスゴーでジョシュ・テイラーのアンダーで行われそうですな。

f:id:TBT:20190209140400j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合は井上尚弥の持つWBAレギュラー王座とエマヌエル・ロドリゲスの持つIBF王座の統一戦となり、勝った方がノニト・ドネアvs.ゾラニ・テテの勝者との決勝へ。

 

以下はキューバでトレーニングを積むロドリゲスのマネージャーであるファン・オレンゴさんのコメントですな。

 

"ロドリゲスはキューバでトレーニングを続けてきた。2週間ぐらいスパーリングはストップしていたけど全てはパーフェクトに準備されているよ。"

 

この試合はお互いに初めての統一戦となりますが、井上尚弥は1回戦で元王者のパヤノを70秒で失神KO。ロドリゲスはアメリカのオーランドでジェイソン・モロニー相手に大苦戦の末の判定勝ち。戦力差と実績を比較してもパウンド・フォー・パウンドのリストに入っている井上の有利が予想されていますな。

 

ちなみに当日はジョシュ・テイラーがイバン・バランチュクのIBFスーパーライト級王座に挑戦するスーパーライト級トーナメントがメインだと思われますな。

www.boxsharpjab.com

 

続いて明日ウーゴ・ルイス相手に防衛戦を行うガーボンタ・デービスのプロモーターのエロルベさん。急遽代役挑戦者となったルイスをデンジャラスではないかと見なしています。

 

以下はまずデービスのコメントです。

 

"相手が変わっても俺には特に影響はない。とにかくキャンプで俺より背の高いやつらとスパーリングしてきた。俺はファイターってのは常に準備ができててリングで敵対する相手の全てに対応しなきゃならないと思ってるんだ。俺は準備できてるし、ルイスも同じであることを願うよ。彼はメディアで俺をKOするって言ってるよね。だからアクション満載の試合になると思うよ。"

 

さらにエロルベさんのコメントですな。

 

"ルイスはブローナーの前座で試合をしたばかりだ。彼はグレートなシェイプだし、前に出て素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるだろう。デービスも素晴らしいシェイプだけど予測しなかったリプレイスに対応しなきゃならないよね。ジャーモルの時のような試合も見てきた。コロボフは直前になって対戦相手に抜擢されたけどあれはタフな試合だった。タフな試合が予想されるけど、これもスポーツの一部だよね。デービスもすべてに対応しなければならないよ。"

 

デービスは本当にスターになれる要素あると思うけど、ここでマレスとやっときたかったなぁ…この次はサリドとかとやらんかな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

www.boxsharpjab.com