ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

アルバラードめっちゃ強いやんけ…井岡一翔vs.フェリックス・アルバラード

広告

こんにちは管理人です。

今日は2013年日本で行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

王者井岡一翔vs.フェリックス・アルバラードの一戦です!!

今をブレない。

今をブレない。

 

 

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合は井岡の3度目の防衛戦。ここまで無敗ですでに2階級を制しており、日本の若きエースとして君臨する技巧派王者ですね!

アルバラードはニカラグア人でここまで無敗。天才的な強打者として知られており、当時は無名なものの後にIBF王座を獲得する強敵です。

 

そしてこの試合は井岡がアルバラードの強打に苦戦するものの、持ち前の距離感を生かしたコンビネーションでアルバラードを突き放して判定勝ち!的確なコンビネーションでキャリアの差を見せました!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

アルバラードはガードを固めて前に出て腕を振って強打を狙う。

井岡は落ち着いてガードし、近づかれると腕を絡めてクリンチする。

井岡は動き出しに右リード、左ボディをうまく差し込んで、中盤には打ち終わりに左ボディを突き刺す。

アルバラードは硬いパンチをガードの上からでも押し込んできてパワーで押してくる。

井岡はガードの外から左フック、右ストレートで正面からアルバラードを止めにかかる。

 

2ラウンド

アルバラードは前に出て前半でのKOを狙っているようだ。

井岡はジャブをついて左ボディをコツコツと当てていく。

井岡は距離をとってアルバラードを空転させて接近戦ではボディ、ガードの外からフックを当てる。

左目の下が腫れてきたアルバラードは腕を振るが井岡はよく見えている。

 

3ラウンド

井岡は接近して打ち出しに左フックを当てるがアルバラードはジリジリ前に出て振り回す。

1分過ぎには抉るようなボディを決めて的確なパンチでアルバラードを上回る。

アルバラードはとにかく腕を絡められても手を出してタフさも見せてグイグイくる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

アルバラードは目の腫れから焦ってがむしゃらに前に出てくる。

アルバラードは接近戦で左右アッパーを何度も出して手数で上回る。

 

 5ラウンド

アルバラードはパワフルなアッパーを打ち込んで井岡を追い回す。

井岡はボディ内を軸に的確なパンチを打ち込むもアルバラードの手数は止まらない。

フェイントを使った井岡の右リードが中盤決まって終盤アルバラードも右を返してくる。

 

 6ラウンド

井岡は左フックを序盤打ち出しにカウンターで決めてボディをしつこく当てる。

ラウンド残り1分にはアルバラードのフックの打ち終わりに右フックがクリーンヒット!しかしアルバラードは打ち返してくる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

井岡はガードの外から右をねじ込んでアルバラードのボディを攻める。

中盤井岡がボディをまとめてアルバラードの体がくの字に曲がる。

アルバラードは手数も減ってきてかなり苦しくなってくる。

終了間際には右ストレートを打ち込んでKOを確信したようだが、アルバラードはタフでダウンしない。

 

 8ラウンド

アルバラードは前に出て長い腕を振り回すが有効打では圧倒されてしまう。

井岡はボディをしつこく差し込むがアルバラードは本当にタフで打ち返してくる。

井岡は冷静に打ち終わりにカウンターを狙うが、アルバラードは力を込めて前に出る。

 

 9ラウンド

井岡はボディを打つが、アルバラードもボディを打ち返して手数が止まらない。

井岡は右ボディ4発から顔面にフックを返すがアルバラードは効いたそぶりを見せない。

井岡のパンチをもらっても止まらず前進するアルバラードに井岡の表情が少し固まる。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

アルバラードは目の腫れのチェックが入ったことで前に出て圧力を強める。

中盤井岡がアルバラードの動き出しに左フックをカウンター!アルバラードのマウスピースが飛んでこれは効いた!

中盤には右ボディで効いたアルバラードだが頭をつけて踏ん張る。

 

11ラウンド

序盤井岡はアルバラードのジャブに右ストレートを突き刺すが、アルバラードは打ち返す。

井岡は距離が詰まると膝を折ってボディをしつこく打つもののアルバラードは驚異的なタフさで倒れない。

 

 12ラウンド

アルバラードは接近戦で井岡のコンビネーションをもらっても倒れない。

ラウンド残り1分にはサイドに回りながら左フックを打ち込んで何発もらってもアルバラードは打ち返してベルトへの執念を見せる。

 

判定は115-113.119-109.119-110の3-0で井岡!

ちなみに僕の採点は116-112で井岡でした!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

ええもん見せてもらいましたわ…

 

アルバラードはこの試合の後WBA世界フライ級王者のレベコに挑んでここでも大善戦。ローブローで二度減点されてなければ勝負は分からなかった。

 

井岡の素晴らしいところはアルバラードの土俵で圧倒してきたこと。アルバラードの得意な接近戦でコツコツとボディを当ててダッキングでパンチをかわすところはやはり豊富な練習量を垣間見た。

 

アルバラードは井岡にはちょっと勝てなかったけどもし井岡がロングレンジで足を使う作戦をしていたら結果は変わったかもしれませんね。まぁ勝った井岡が流石なんですけど。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

 

www.boxsharpjab.com