ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ロッキー・ロックリッジさん逝去…ルイスupdates!

元スーパーフェザー級二冠王者のロッキー・ロックリッジさんが60歳で逝去されました。死因は梗塞とのことです。

f:id:TBT:20190208081606j:image

 

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

 

ロックリッジはフロイド・メイウェザーの叔父のロジャー・メイウェザーからWBA王座を初回KOで獲得し、IBF王座も獲得。1988年のファイト・オブ・ザ・イヤーに選ばれたトニー・ロペスとの対戦で王座を陥落しています。

1992年に名王者のシャンバ・ミッチェルに負けて現役を引退。引退後は長い間ドラッグとの戦いを繰り広げてホームレスとなっていましたな。動画で馬鹿にした若者をKOしてしまったことも有名です。

 

以下は過去の本人のコメントです。

 

"俺はこれまでいくつかのミスを犯してきたし、多くのミスも犯してきた。だけどドラッグの失敗は俺の想像をはるかに超えていたね。あのドラッグの威力はどんなパンチよりもハードだった。俺が受けてきたどんなパンチよりもね。"

 

以下はプロモーターだったキャシー・デュバのコメントです。

 

"ロッキーはいつも謙虚で明るい性格だったわ。彼は物静かでやるべきことをやる素晴らしい人間だった。"

 

息子のコメントもあります。

 

"俺の家族で友人で、父親のロッキーが死んだことをみんなに知らせなきゃならない。胸が張り裂ける思いだよ。彼はいつも俺たち家族の慰めでいてくれた。神が彼をついに天国へ召したんだ。"

 

グレートなチャンプにご冥福をお祈りしております。メイウェザーとの試合は衝撃でした。

www.boxsharpjab.com

 

 

 

続いて今週末ガーボンタ・デービスに挑むウーゴ・ルイスさんの対戦に向けてのコメントも来ています。

 

ルイスは先月山中慎介にも挑戦したアルベルト・ゲバラに判定勝ち。アブネル・マレスの負傷離脱で試合2週間前の急転直下での3階級制覇のチャンスとなりましたが、大きなアンダードッグでございます。

 

"俺はこの試合に向けてすごくハングリーだ。開始のベルからデービスをKOしに行くよ。俺はそうやってここまでのキャリアを過ごしてきたんだ。相手がスーパーフェザー級のガーボンタ・デービスだからって今更俺の戦い方を今回だけ変えるなんありえないよ。俺はもう一度ボクシング世界王者になれることを楽しみにしているんだ。スーパーフェザー級はとても快適に感じるし、土曜の夜は間違いなく俺が勝つね。"

 

勝ったらアップセット・オブ・ザ・イヤー間違いなしですな…てゆーかルイスももう32歳か…亀田とやった時からフリオ・セハ戦までたどり着くとは思えんかったな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

www.boxsharpjab.com