ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ウォード"コバレフは全盛期ではないけどまだやりにくい相手だよ"ミラーupdates!

広告

コバレフのかつてのライバルのアンドレ・ウォードさん。アルバレスとのリマッチを評価しています。

f:id:TBT:20190206080753j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

"面白いよね。彼はまたピークではないけど、あの戦い方ならまだ階級の若いトップ達ともやりあえるし、厄介な相手だよ。だけど彼は俺とやる前には戻らないよ。リマッチの時にあいつは途中で戦うことを諦めたよね。あんな風に諦めたら心の中にあの残像が残ってしまうものだ。だけど他のライトヘビー級相手ならまだやれるよ。俺からの敗北はあいつの心に深く刻まれてる。俺との試合もそうだし、アルバレスとの初戦だってそうだ。完全に克服できないよ。メンタルもフィジカルもね。だけど前回よりはすごく良かったよ。キャンプでやってきたハードなトレーニングをスマートに変えたね。特にパンチへの反応がすごく良くなってた。アルバレスは前に出てアグレッシブに行けばビッグショットを数発当てられたのにね。だけどコバレフは追撃を許さなかった。それが今夜の結果になったのさ。"

 

ウォードさんやっぱりプライドめちゃ高いな。まぁブギーマンと呼ばれたコバレフを2回倒しているからな…

www.boxsharpjab.com

 

ヘビー級統一王者のアンソニー・ジョシュアのプロモーターを務めるエディ・ハーンさん。噂されるジャレル・ミラーとの対戦は簡単な試合にはならないとの見解を示しています。

 

ミラーとジョシュアは6月1日に対戦するとみられており、マディソン・スクエア・ガーデンでの試合が予想されています。この試合はジョシュアのアメリカデビューとなり、勝てばデオンテイ・ワイルダーとの統一戦にまた一歩前進しますな。

ワイルダーは12月に議論を呼ぶ判定の末引き分けたタイソン・フューリーとリマッチに進むと見られ、アメリカ開催の可能性もありそうです。

 

以下はハーンのコメントです。

 

"ミラーはアメリカでもみんなが知ってるような名前の選手じゃない。イギリスでは絶対にそうだ。だけどそれでもミラーとやる時の金のオファーは相当な金額だった。俺たちがやりたい試合がイギリスでできないなら、アメリカのマーケットに喜んで切り込んでいくさ。ジョシュアはアメリカでも信じられないファイターだよ。ワイルダーが勝てばジョシュアとの試合はより大きくなるし、フューリーが勝っても大きな試合になる。ミラーとの試合はいい方向だと思うし、本当にタフな試合になると思う。だっていつもと違うリングで、キャンバスで戦うわけだからね。簡単な試合になるわけないよ。"

 

ホワイトさんが不憫すぎるわ…せめてマヌエル・チャーあたりに挑戦させてあげてな…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

 

www.boxsharpjab.com