ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

スター性は大事…イリー・プロハースカvs.カール・アルブレックソン

こんにちは管理人です。

今日は2017年RIZINで行われたヘビー級の試合。

イリー・プロハースカvs.カール・アルブレックソンの一戦です!!

f:id:TBT:20190205223301j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

イリー・プロハースカはチェコ出身の超エキサイティングな人気選手。勝っても負けても初回で試合を決めてしまう豪快な立ち技が魅力で常にKOのスリルを味わうことのできる好選手です。RIZINではそのわかりやすいファイトスタイルで人気を博しており日本のファンにもかなり名前が売れている外国人選手の1人でもあります。

アルブレックソンはスウェーデン出身の25歳。RIZIN1から参戦しており、そのアグレッシブな戦い振りと、寝技もこなせる万能型である。

 

そしてこの試合はアルブレックソンがテイクダウンを奪って優位に進めるものの、プロハースカがラウンド終了間際に爆発!レフェリーストップを呼び込んで初回TKOを飾った!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

 

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

1ラウンド

アルブレックソンはフェイントを織り交ぜながらローキック、ワンツーで牽制する。

プロハースカは長いスタンスでジリジリ距離を詰めて右ストレートを狙う。

アルブレックソンはロン毛を振り乱しながらもよく動いてプロハースカの右ストレートに合わせてタックル!!テイクダウンを奪う!

プロハースカはマウントを取られながらも顔面に左右のフックを当てて抵抗。アルブレックソンはエルボーを顔面に落とすがプロハースカはしのいで、アルブレックソンは追撃の右を顔面に打ち込む。

マウントを取られて苦しいプロハースカはアルブレックソンのパウンドをなんとかしのぐものの、体勢を入れ替えられない。

アルブレックソンは肘を押し付けて、腹にも肘を落とす。

しかし5分過ぎなんとかスタンドに戻ったプロハースカは右ストレートを放つが、アルブレックソンはカウンターの右アッパーを狙う。

アルブレックソンはプロハースカの右ストレートに合わせてまたもタックルするが、ここはプロハースカがなんとか耐える。

アルブレックソンは動き回ってプロハースカはロングの右ハイキックを浅く当てる。

残り3分でアルブレックソンがまたもテイクダウン!プロハースカは下からエルボーを打ち込んでアルブレックソンの鼻から鼻血が出る。

アルブレックソンはストップを恐れてしつこくまとわりついて、残り1分で怒涛のパウンド!しかしプロハースカもなんとか立ってアルブレックソンもカウンターの左フックを当てる。

しかし、プロハースカはアルブレックソンの左アッパーに右ストレートをカウンター!前のめりに膝をついたアルブレックソンはなんとか立ち上がったが追撃の連打にさらされてラウンド終了のゴングとともにレフェリーがストップした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

プロハースカさんドラマティック…

 

アルブレックソンペースでも常に一撃を狙ってるプロハースカは本当に怖いし、いい選手だなと思います。

 

テイクダウンされても下から肘で鼻血を出させるなど頭の良さとクレバーさも兼ね揃えた選手でこれは人気出ますね。

 

キング・モーとまたやるらしいけど、マイティ・モーとかとやらんかな笑笑。ウェイトが違い過ぎるか笑笑

 

www.boxsharpjab.com