ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

チャニエフさん粉砕!!リチャード・コミーvs.アイサ・チャニエフ

広告

こんにちは管理人です。

今日は2019年2月2日に行われたIBF世界ライト級王座決定戦

リチャード・コミーvs.アイサ・チャニエフの一戦です!!

f:id:TBT:20190203132607j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合はコミーの2度目の世界挑戦。かつてロバート・イースター・ジュニアとの決定戦に惜敗してデニス・シャフィコフとの挑戦者決定戦にも敗れたコミーだが、その爆発力で世界の舞台に帰ってきましたね。

チャニエフは前戦でイスマエル・バラッソを判定で破って決定戦にたどり着いたロシア人。コミーの前進を止められるかが勝負となります。

 

そしてこの試合はコミーが大爆発!!驚異的なパンチ力でチャニエフから3度のダウンを奪って2ラウンドでチャニエフを沈めるTKO勝ち!見事な速攻劇で悲願の世界タイトルを獲得しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

コミーは積極的にジャブを打ち込んでチャニエフは鋭いワンツーを放つが少しパワーレスな印象。

コミーはワンツーをガードの上から打ち込んでチャニエフは少し萎縮している。

中盤には左フックを当てて怯んだチャニエフにぐんぐん踏み込むコミー。チャニエフのワンツーの打ち終わりにワンツーを逆に返す。

そして迎えた残り20秒チャニエフの動き出しを狙ったコミーの左フックからの右ストレートのカウンターが炸裂してチャニエフは背中からばったりダウン!!よく立ってきたが足元はフラフラでかなり効いている!!

コミーは再開後詰めてアッパーを打ち込むがチャニエフはコミーを投げ飛ばしてしのぐ!

 

2ラウンド

コミーは開始からフィニッシュを狙ってチャニエフのジャブに合わせた左フックでチャニエフは尻餅をつくダウン!!

立ってきたが逃げ惑い、コミーはコンビネーションで追い回す。最後はロープ際で右ストレート、左フックからの右アッパーで倒されたところでレフェリーがストップをかけた!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

コミーはんやっぱ爆発力半端やないな…

 

正直攻防分離のコミーが終盤に捕まえるかな?と思っていたので、少し意外な結末でしたがいい意味で期待を裏切ってくれましたね。今回の試合の爆発力はすごかった。

 

次はロマチェンコと言っているそうですが、多分指名試合とかになるのかな?IBFは指名戦とかにうるさいイメージなのですんなりとはいかなさそうな気がしますな。

 

WBC王者のマイキーがウェルター級挑戦で暫定王座ができそうな気もするけどこれで王者勢はロマチェンコ、コミー、マイキーか…その後にイースター、ペドラサ、ベルトラン、リナレス、クローラとなるとロマチェンコとマイキーの二強感は拭えないな…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

 

www.boxsharpjab.com