ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

採点は難しいな…ヘスス・ロハスvs.カン・クー

こんにちは管理人です。

今日は2019年1月26日にアメリカで行われたWBA世界フェザー級タイトルマッチ

王者ヘスス・ロハスvs.カン・クーの一戦です!!

f:id:TBT:20190126145850j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はロハスの初防衛戦。強打のインファイターとしてモレロを破ったロハスは前戦ウェイトオーバーしてきたジョセフ・ディアスに敗れたものの王座は動かず、今回の試合を迎えた。

クーは中国人の長身ファイターで頭をつけての打ち合い、左ボディを得意とするインファイターで、両者の試合は噛み合うと思われる。

 

そしてこの試合は序盤から手数を出してくるクーにロハスは前に出てパワーで対抗。個人的にはロハスが勝ったと思いましたが、ジャッジはクーの手数を支持!予想通りの好勝負となり、中国三人目の世界王者が誕生しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

 

試合経過

 

 

1ラウンド

クーは左ボディを打って前に出てフックを振る。

ロハスも前に出てパンチを受けながらもジリジリ距離を詰める。

クーもしっかりコンビネーションをまとめて、中盤下がりながら右を決める。

ロハスは前に出て重いパンチを振り、クーはボディを決める好勝負となる。

 

2ラウンド

クーは手数を出してロハスを止めにかかるがロハスはめげずに前に出てコンビネーションを出す。

ロハスは頭をつけてボディ、ガードの上からワンツーを当ててくる。

ロハスはガードの外から右フックをねじ込んでクーを押し込み始める。

 

3ラウンド

クーは手数を出すものの、ほとんどがロハスのガードの上。

ロハスは打たれても打たれても前に出てガードの外から重い右フックを打つ。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

4ラウンド

ロハスは序盤下がりながら左フックをカウンターで当ててクーが前に出る。

中盤になるとロハスは前進し始めてクーを押し込む。

www.boxsharpjab.com

 

 5ラウンド

ロハスは前に出て強めのフックをガードの上から放つ。

ロハスの前進は本当に止まらず徐々にクーの手数も衰え始める。

 

 6ラウンド

ロハスはどんどん圧力をかけてクーを押し込むが、クーも引かずに手数を出す。

ロハスはボディをどれだけもらっても何事もなかったかのように平然と前に出る。

ロハスはボディに狙いを定めて顔面に右を返してクーの顔面が仰け反る。

 

 7ラウンド

クーは手数を増やして対抗するものの、ロハスは何事もなかったかのように前に出る。

中盤にも左フックでクーはバランスを崩して少し苦しくなってきた。

クーも残り1分でワンツーを返すものの、ロハスは普通に前進してきてメンタル的にも苦しい。

 

 8ラウンド

クーは劣勢を意識してか前に出る。するとロハスは足を使って距離を取る。

ロハスは中間距離でワンツーを放って、打ち終わりに左フックを放つなどかなり工夫している。

さらにコンビネーションをまとめてはすぐに離れて休みながらポイントを取る。

www.boxsharpjab.com

 

 9ラウンド

 ロハスは力を込めてコンビネーションを放ち、KOを意識しているようだ。

クーも左ボディを突き刺すが、ロハスは平然と前に出て大きな右フックを当ててくる。

力強いフックを次々ねじ込んでいくものの、クーもよく踏ん張る。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 10ラウンド

ロハスは前に出てクーは懸命に左ボディを突き刺す。

ロハスは中盤ボディからジャブを顔面に返してクーもよく手数を出す。

 

11ラウンド

クーはタフで前に出て逆転を狙う。

ロハスは休みながら離れて中盤からまた前に出てくる。

中盤に強力な右フックを当てて、右ボディのカウンターも決める。

 

12ラウンド

ロハスは前に出てアッパーをガードの間から通す。

ロハスはボディを打ち込みながらもポイントリードを確信してかあまり無理はしない。

クーは前に出るもののパンチが軽くロハスにダメージは与えられないままゴングが鳴る。

 

判定は116-112.117-111.118-110の3-0でクー!

ちなみに僕は117-111でロハスでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

採点まじで言ってる…?

 

俺にはそうは見えなかったな…ロハスがパワーで押してたと思うけど…まぁ採点批判しても変わらないんですけどね。クーの手数が評価されたのでしょう。

 

試合後のクーのコメントです。

 

"俺はこの試合のためにとても長い間ハードにトレーニングしてきた。ロハスはとてもタフだったけど俺たちはここに勝ちに来たんだ。俺の力は中国からきてるし、国のために戦ったよ。彼のパンチはとても強かったけど、耐えられることはわかっていた。俺は誰も怖くない。誰とでもやるさ。"

 

まぁ新チャンプ誕生ということですが、サンタクルス達とのトップ戦線に食い込めるとはちょっと思えないな…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com