ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

マリナッジさんサーマンの6ラウンド以内でのKOを予想する…updates!

広告

WBAウェルター級スーパー王者で22ヶ月ぶりに試合を行うキース・サーマンさん。ホセシト・ロペスと試合をしますが、元2階級制覇王者で解説者を務めるマリナッジが予想を展開しています。

f:id:TBT:20190114124025j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

マリナッジによると完全復活を印象づけるにはサーマンはロペスをKOする必要があるとしておりますな。

 

"2人ともリングですごい努力をすると思うけど、サーマンは長いことリングに上がってないよね。だから俺は彼がどんな風にカムバックするのか興味あるし、みんな少し錆び付いてると思うよね。ロペスはいつだってファイトしにくる選手だよ。ロペスは集中的にサーマンを追い回して連打してくるね。そしてこの試合はとても早くサーマンが激闘に戻るような試合になると思うな。"

 

サーマンは世界タイトル戦で7勝しており無敗。ここまでのレコードも1つのノーコンテストを除いて全勝ですね。防衛戦ではゲレーロやコラーゾ、ディアスを相手に防衛成功しておりますな。

www.boxsharpjab.com

 

マリナッジによるとロペスはコラーゾ戦の 5ラウンドのようにサーマンのボディを狙う必要があるとしています。

 

"ロペスはサーマンに両手を使わせるぐらい前に出るだろうし、ナチュラルに大きいだけじゃなくて動きにもスキルがあるよ。サーマンは足を使って距離を取るだろうし、ロペスはサーマンを打ち合いに巻き込んでガードの低いところに捕まえたいね。"

 

サーマンは会場のバークレイズセンターには2013年のジャン・ザベック戦でデビュー。この2試合のショーン・ポーター戦、ダニー・ガルシア戦はバークレイズセンターにて行われており三度連続での試合となりますな。

 

サーマンはポーター戦の前に交通事故で首を負傷。ポーター戦は延期されて115-113の判定で激闘の末に防衛成功。次戦のガルシアとのWBC王座統一戦では足を使ったアウトボクシングで僅差判定勝ち。WBA.WBC王座の統一に成功しましたが、右肘を負傷して手術に踏み切りましたな。

 

その後サンドバッグを殴って拳を負傷…昨年の9月のポーターvs.ガルシア戦のリングサイドに来ておりましたな。

 

"この試合はロペスがすごく頑張るパフォーマンスをする試合になると思う。多くの手数を出してエキサイティングな試合になると思う。だけど試合中ずっとサーマンに対抗するだけのパワーとサイズはないと思うだけなんだ。サーマンのナチュラルなパワーがロペスを苦戦させるよ。ロペスは他に戦い方がないからね。俺の予想じゃあ最初の6ラウンド以内にサーマンがロペスをKOすると思う。6ラウンド以降も続くとはちょっと思えないな。"

 

マリナッジさん1人でよく喋るけど言ってることは的確ですよね笑。解説者は天職やと思うなマジで。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!
www.boxsharpjab.com