ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

小國さん大金星でグスマンを下す…小國以載vs.ジョナサン・グスマン

こんにちは管理人です。

今日は2016年大晦日に京都で行われたIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

 

王者ジョナサン・グスマンvs.小國以載の一戦です!!

f:id:TBT:20190101153308j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合は和氣をけちょんけちょんにして王座を獲得したもののファイトマネーを空港で盗まれてしまった不遇のグスマンさんの初防衛戦。ここまで1つのノーコンテストを除いて全ての試合でKO勝ちしてきた無敗のグスマン相手に小國は和氣に敗北した経験のあるオーソドックスのボクサー。ワンツー主体の選手だが、グスマンを止めるほどのパワーがないと目され、試合前の予想は不利だった。

 

しかしこの試合は小國が痛烈な左ボディで一度ダウンを奪った末に顔面を腫らしながらも12ラウンドグスマンをアウトボックス!!見事に判定勝ちを収めて番狂わせの勝利を演じた!!

 

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

 

試合経過

 

1ラウンド

小國は常に位置をちょこちょこ変えてジャブを打つ警戒心旺盛な立ち上がり。

小國は左のハンドスピードが速く、ラウンド1分過ぎワンツーの右の打ち下ろしを当てる。

距離を常にキープする小國にグスマンは前進するが有効打は当てられず小國は右ボディを決める。

小國はサウスポーのように時計回りに動くためグスマンはやりにくそうだ。

 

 

2ラウンド

グスマンはジリジリ距離を詰めてくるが、小國は落ち着いて接近されても左ボディを突き刺す。

小國は中盤右ストレートをガードの上から当ててグスマンは右を返す。

あまり手を出してこないグスマンに小國は右ボディを遠距離から打ち込んで接近されたら左ボディを刺すうまいボクシング。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

グスマンは圧力を強めてコンビネーションをガードの上から放つ力技。

小國はコツコツ左ボディを返してラウンド中盤グスマンの打ち終わりに左ボディでグスマンは膝をつくダウン!!

よく立ったグスマンだがかなり効いていて大きく下がる。

小國も一気に行かないが、終盤左ボディでまたもグスマンは下がる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

グスマンは前に出て、小國の右顔面が腫れてきている。

中盤小國のロングの左フックがグスマンにヒット!!多彩なパンチで眩惑する。

小國はコツコツ打ち終わりに左を当ててグスマンはあんなに踏み込めない。

終盤にも打ち終わりに左フックをショートで当ててグスマンも圧力を強める。

 

 5ラウンド

中間距離で見合う両者だがグスマンは下がってカウンター狙い。

中盤グスマンは前に出てワンツーを当てる。

小國は終盤右ボディを当ててグスマンは下がるなどボディがマジで弱い。

 

 

6ラウンド

小國はグスマンの圧力を受けながらも必ずパンチを返す。

終盤小國は右ボディから顔面にも右を当ててジャブも出始めるなど調子がいい。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

小國はジリジリ距離を詰めてジャブをつくなどグスマンを警戒させる。

グスマンは中盤ワンツーを当てて一気に出て一気呵成の連打を見せるが、小國は左ボディで下がる!!

さらに右を当てて小國の冷静さが光る。

 

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 8ラウンド

小國は右ボディを刺してグスマンは明らかに手数が少ない。

小國はしつこく左ボディを当ててグスマンは明らかにボディを嫌がっている。

スタミナも切れてきたグスマンは下がるシーンが増えてきて、右目から出血もみられる。

小國は的確な左ボディでグスマンを削り、顔面にも左フックを当てる。

 

 9ラウンド

小國は冷静にポイントアウトを狙うチャレンジャーらしからぬ戦い方。

小國は左ボディをダブルで当てて顔面にも左ジャブを当てる。

ガードの下がっているグスマンはジャブを細かく被弾して小國の上下の打ち分けが光る。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

グスマンは手数を増やすなどかなり劣勢を意識してきている。

小國は冷静に見ているが、手数が少なく中盤グスマンの右を浅く被弾する。

小國は残り1分で右ストレートを当ててグスマンは下がるがすぐに返してやはりこの辺りを取り繕うのはうまい。

 

11ラウンド

小國は前進して左ボディをダブルで序盤に当てる。

小國はグスマンに中盤右ストレートを刺して左右ボディでグスマンは下がる!!

グスマンは下がりながらも手数を返して一方的な展開にはならない。

グスマンは下がりながら終盤左ボディのダブルで明らかにダウンしたがレフェリーはローブローの裁定。

 

 

12ラウンド

グスマンはボディがかなり効いているようで自分から出られない。

小國はコツコツ左右ボディを放ってグスマンは大きく距離を取るなどかなり弱気だ。

中盤にも右ストレートでグスマンは棒立ちになるなどグスマンはかなり苦しい。

 

採点は三者共に115-112の3-0で小國!!

ちなみに僕は116-111で小國でした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

 

グスマンボディ弱すぎやろ…

 

小國はグスマンに勝つつもりでよーく研究していた。グスマンは逆にえらい舐めてきたようで小國の動き、パンチの軌道にほとんど反応できておらず、ボディへの弱さは練習不足をうかがわせた。

 

小國はめちゃくちゃ冷静で逆転KOを最後まで警戒する井岡ばりのクレバーさで素晴らしい試合だった。怪物相手にも自分のできることだけを淡々とやる姿勢はプロとして素晴らしいと思う。

 

ちなみにグスマンは和氣戦のファイトマネーをパクられるわ、初防衛で負けてまうわで踏んだり蹴ったり。昨年2年の時を経て復帰しており、判定勝ちで再起に成功していますな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com