ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

マルケスが鬼の熱戦を制す!!ファン・マヌエル・マルケスvs.ファン・ディアス

こんにちは管理人です。

 

今日は2009年アメリカのテキサス州ホンダセンターで行われたWBA.WBO世界ライト級王座決定戦

ファン・マヌエル・マルケスvs.ファン・ディアスの一戦です!!

f:id:TBT:20181202134659j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

ディアスはライト級でWBA.WBO.IBFの3団体の王者を統一していた止まらない前進と連打が持ち味のブルファイター。ネート・キャンベルにまさかの敗戦を喫して陥落したものの階級の第一人者としてマルケスと対戦。

マルケスはパッキャオのライバルでフェザー級、スーパーフェザー級を制してきており、この試合に勝てば3階級制覇となるメキシコの英雄。的確なコンビネーションが魅力のカウンターパンチャーだ。

 

そしてこの試合は両者一歩も譲らない大激闘となり、ディアスが絶え間ない前進と手数で押していたものの 9ラウンドにマルケスの右アッパーのカウンターが炸裂!!この年のファイト・オブ・ザ・イヤーとなったこの試合を 9ラウンドTKOで制した!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

 

 

試合経過

 

1ラウンド

開始から前に出るディアスにマルケスはアッパー中心のコンビネーションを放つ。

ディアスにグイグイ前に出てマルケスのボディを食らっても構わず腕を振ってくる。

ディアスはしっかりガードを固めてマルケスを押し込む。

 

2ラウンド

ディアスは前に出てコンビネーションでマルケスを押し込みまくる。

ひっぱたくような右フックが中盤当たって左フックのロングでマルケスの動きが止まる!!

マルケスは残り1分で左ボディを返して左アッパーの当て勘はさすがだ。

 

 

3ラウンド

マルケスは下がりながらコンビネーションを放つが、ディアスはジリジリ前に出てコンビネーションで肉薄。

ディアスは中盤左フックを当ててマルケスも終盤に右を返すがどうしても押し込まれる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ディアスは右ストレートからフックのコンビネーションに繋いで左ボディから顔面に左フックを返す。

マルケスも残り1分でコンビネーションを返すがディアスは落ち着いてジャブを当てるクレバーさも見せる。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 5ラウンド

マルケスは序盤コンビネーションの中のアッパーを当ててディアスは踏み込んで細かいコンビネーションを当てる。

中盤ディアスの左フックがヒットしてマルケスの顔が跳ね上がる!

 

6ラウンド

ディアスは止まらない前進でマルケスはかなりやりにくそうだ。

マルケスは右目をカットして流血している。

ディアスは中盤接近戦でボディをねじ込んでマルケスも時折アッパーを返す。

マルケスは左アッパーのトリプルを見せるが、ディアスは踏み込んでコンビネーションと熱戦が続く。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

マルケスはカウンターを狙っており、自ら下がるシーンが多くなる。

マルケスは左ボディを差し込んでディアスは遠い間合いではジャブをコツコツ当てる。

マルケスは中盤右ストレートからボディへのコンビネーションを当ててここにきて的中率が上がり始める。

終盤マルケスは左アッパーをガードの隙間から当ててこの辺りのうまさはさすがだ。

 

 8ラウンド

ディアスは左目をカットして流血。マルケスのカウンターの精度が高く踏み込みが鈍る。

マルケスはコンビネーションの中の外側からのフックがディアスをよく捉え、ディアスの打ち終わりにコンビネーションを当て返す。

終盤マルケスの左フックでディアスの動きが止まる!!さらにアッパーの追撃をもらってダメージがあるようだ!

 

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 9ラウンド

マルケスはディアスから距離をとってカウンターを狙っている。

ディアスは距離を詰めてコンビネーションを放つが、マルケスはアッパーと左フックを駆使する。

ディアスは残り1分踏み込むが、入り際にマルケスの右フックからの左アッパーでふらつく!!追撃で顔面からロープ下にダウン!!すぐに立ったが、マルケスはボディアッパーからの右アッパーをまともに顎に浴びて背中から痛烈にダウン!!レフェリーが即座に試合を止めた!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

 

マルケスのベストバウトじゃねえ?

 

マルケスは30歳で王座を獲得してそこから40になるまで世界のトップに君臨。4階級制覇を成し遂げ、チャベス達とのレジェンドと同格扱いする声も上がるほどのボクサーである。

 

ディアスは逆に早熟な部分もあり、ラクバ・シンに下馬評を覆しての王座獲得してからフレイタスを破ったりフリオ・ディアスを破ったがキャンベルにまさかの判定負け。この後もマリナッジに負けてマルケスとの再戦にも敗れてこれ以降は世界戦を戦っていない。

 

全盛期のディアス相手に序盤押し込まれながらも後半でしっかり対応してみせたこの人のスキルの高さは筆舌にし難いものがありますね。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com