ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ブローナー意外とマリナッジに苦戦する…エイドリアン・ブローナーvs.ポール・マリナッジ

こんにちは管理人です。

今日は2013年ニューヨークのバークレイズ・センターで行われたWBA世界ウェルター級タイトルマッチ

王者ポール・マリナッジvs.エイドリアン・ブローナーの一戦です!!

f:id:TBT:20181230003658j:image

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合はマリナッジのセンチェンコからウクライナで奪ったタイトルの2度目の防衛戦。マリナッジは元IBFスーパーライト級王者でもあり、パワーレスながらも常に手数を出し続ける厄介なアウトボクサーでスピードスターだ。しかし、前戦では体重超過してきたパブロ・セサール・カノに大苦戦した末の判定勝ちで判定は大いに議論を呼んだ。

ブローナーはライト級のWBC王者でもあり、スーパーライト級を飛び越して群雄割拠のウェルター級に乗り込んできたボクシング界期待の若手。スーパーフェザー級も制しており、この試合に勝てば24歳ながら3階級制覇となる無敗の天才児だ。

 

そして試合はとにかく手数を出すマリナッジと動き出しや打ち終わりにキレキレのパンチを返すブローナーの間で採点は割れたものの、ブローナーが2-1の判定をモノにして3階級制覇を達成した!!ちなみに、試合後マリナッジと激しく口論となり、マリナッジは試合中シャドーボクシングしてただけだという12ラウンド戦ったばかりの相手に失礼極まりない発言もありましたね…

(スカパーのお申込みはこちらから)

 

それではトラッシュトーカー同士のこの対戦を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

L字ガードで中間距離に佇むブローナーにマリナッジがジャブを打ち込んですぐに離れる。

手数の少ないブローナーにマリナッジはボディを当てるがパンチ力には乏しい。

ブローナーは前に出始めて打ち終わりにカウンターを狙い始める。

 

2ラウンド

ブローナーはジャブに右を被せてこれがヒットする。

ブローナーのジャブはクイックでいきなりの右が中盤マリナッジを捉える。

多少の被弾は気にせず前に出るブローナーにマリナッジもボディに当てるが効果が乏しい。

ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

 

3ラウンド

マリナッジは速いコンビネーションでブローナーを序盤中間距離に釘付けにする。

しかしブローナーは1分過ぎいきなりの右を動き出しに当ててクリーンに当てる。

しかしマリナッジの手数は極めて多く、結構採点は微妙だ。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

マリナッジはうるさく手数を出してブローナーはやりにくそうだ。

中盤ブローナーは右ロングを当てるが、マリナッジも右フックを返してかなりいい勝負をしている。

 

 5ラウンド

マリナッジは距離をキープして下がりながら軽打を放ち続ける。

ブローナーもクイックなジャブを当てて打ち終わりに右アッパーをカウンターでかすめる。

終盤もブローナーが距離を詰めて細かいコンビネーションを当ててマリナッジを押し込み始める。

短期集中ダイエット

 

6ラウンド

ブローナーはひっぱたくような左フックをロングで放つなど大胆な攻撃を見せる。

マリナッジは下がるもののブローナーはジリジリ距離を詰めて打ち終わりに切れ味抜群の右を放つ。

終了間際にも右をねじ込んでブローナーの前進が功を奏し始める。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

ブローナーはいきなり飛び込んでジャブを当ててマリナッジは手数が衰える。

ブローナーは接近戦でもショートの右をねじ込んで打ち終わりに右スマッシュを持ってくるなどセンスは抜群だ。

マリナッジは残り1分懸命に距離を取ってコンビネーションを放つがブローナーは構わず前進してコンビネーションを返す。

マリナッジも負けじとコンビネーションを返して気の強さを見せる。

(スカパーのお申込みはこちらから)

 

 8ラウンド

マリナッジは動き回ってジャブを放つがブローナーは前進して接近戦でボディをねじ込む。

マリナッジは疲れてきており、ブローナーは終盤右ストレートとアッパーを当てるがマリナッジも手数で返してポイントは微妙。

 

 9ラウンド

ブローナーはもみ合いの中でマリナッジに何か囁くなど余裕がある。

マリナッジは中盤ボディ中心の軽打のコンビネーションを当てる。

ブローナーは終盤右アッパーを当てるが、マリナッジもコンビネーションを返して手数と運動量では勝る。

しかし終了間際にブローナーの右ストレートがマリナッジを捉える。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ブローナーはどんどん前に出るが手数は少ない。

マリナッジはとにかく手を出してジャブが結構当たる。

ブローナーは離れ際の右がうまく、浅いながらもマリナッジを捉えるが見る人によってはポイントはかなり難しい。

しかし終了間際にブローナーが左フックを当てる。

 

11ラウンド

マリナッジはもみ合いの中で後ろに回り込んで腕をぐるぐる回すパフォーマンス。

ブローナーのパンチはマリナッジの顔面をかすめており、中盤ボディも決めて最後に左フックを顔面に返す。

短期集中ダイエット

 

12ラウンド

マリナッジは前に出てジャブを放つがブローナーはしっかりブロック。

ブローナーは1分過ぎ右ショートを当ててマリナッジは残り一分に右ストレートを返す激闘となる。

終盤にもジャブを当てて舌を出すマリナッジがハイペースな攻防を戦い切る。

 

判定は115-113.117-111.113-115の3-0でブローナー!!

ちなみに僕は115-113でブローナーでした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

難しい試合やな…

 

手数と運動量で勝るマリナッジとスコアリングなショットの多いブローナーで採点は割れましたし実際かなり難しい試合でどちらに転んでもおかしくなかったかなと思います。

 

マリナッジはウェルター級でも小柄でフィジカル面も脆弱。ただあのうるさい手数と止まらないフットワークでめっちゃ頑張る人。ダニー・ガルシアに敗れてイギリスでもKOされて引退したけどすごくいい選手でしたよね。

 

ちなみにこの試合の後インタビュー中に近づいてきたマリナッジにブローナーが暴言。マリナッジはかなり不機嫌になりブローナーを批判。ブローナーはこの後マイダナに負けてポーターにも負けるなどこの階級での体格不足を露呈。近年も体重超過を繰り返しておりここまでがみんなにいい意味で注目されてた試合ですな。

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com