ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ベルチェルト"ロマチェンコはメキシカンに負けてるし、俺が彼を負かす2人目になりたいね"コバレフupdates!

WBCスーパーフェザー級王者のベルチェルトさんによると、次戦の防衛戦は3月になるそうです。

f:id:TBT:20181124200839j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

そしてその候補にあがっているのがかつてベルトを奪ったフランシスコ・バルガスだそうですな…

 

"バルガスとの試合は3月末に話はされてるよ。俺はローマンとの指名戦を済ましたしみんなの疑問はなんで統一戦をしないのかってことだ。ボクシングは長くできるビジネスじゃないしうまくマネージメントしないといけないけどプロモーターのアブラハムとベルトランに任せてるよ。"

 

ベルチェルトは統一戦をやるならWBAレギュラー王者のマチャドを狙うそうで…

 

"統一戦はすごくしたいし、1番いいなと思うのはマチャドだね。メキシコとプエルトリコはライバルだし、素晴らしい絵になるんじゃないかな。"

 

さらにいつかはライト級にてロマチェンコと対戦したいようで…

 

"今別にスーパーフェザー級のウェイトを作るのは問題ない。みんな減量はキツイけど特に大きな問題はないよ。もし減量がキツくなってライト級に上げるなら間違いなくベストなロマチェンコとやりたいな。俺にだって弱点があるし俺たちはみんな弱点がある。完璧なやつなんていないし、リスクを負わなきゃいけない時は来る。ロマチェンコはすごく良いファイターだしパウンド・フォー・パウンドの1人だ。だけどメキシカンのオルランド・サリドに負けてるよね。俺は彼を負かす2人目のメキシカンになりたいよ。"

 

ベルチェルトかぁ…結構パンチ食うしロマチェンコの回転力には対応できなさそうかなぁ…

www.boxsharpjab.com

 

続いてコバレフのプロモーターであるキャシー・デュバさん。コバレフはかつて世界でも有数の恐れられるボクサーでしたが、近年3敗を喫しており、そのうちの2敗はKO…このことについて語っております。

 

今年の8月にコバレフはアルバレスに 7ラウンドKOを食らってWBOライトヘビー級王座陥落…2月にリマッチが予定されており、コバレフは新しいトレーナーのブディ・マクガートを迎えているそうです。

 

"アルバレス戦の 5ラウンドの後私はマネージャーのクリマスを見て何も問題ないことを確認したわ。でも私はあんなハイペースが維持できるのか疑問に思ったの。続くラウンドで答えは出たけどね。ウォード戦でも後半にペースがガクッと落ちるまでは支配していた。アルバレス戦も同じよ。私は彼に近しい人に聞いて何個かわかったことがある。セルゲイは35歳なのに25歳のようにトレーニングしていたの。そんなの機能しないし、セルゲイはそうしないとダメだって思ってたみたいね。彼は歳をとるとよりスマートに練習しないといけないことに気づいてなかった。残りのキャリアはより大事ね。彼のコーチが休めって言った時だってもっと休息が必要だったはずよ。今回彼は良いチームを選んだと思うし、耳を傾ければチャンスを成功に変えられると思う。セルゲイは側近の言うことを聞かなかったホリフィールドを思い出させるわ。ホリフィールドは自分のスキルに自信がありすぎて他の誰も必要としなかった。セルゲイも同じ姿勢ね。時々こういう自信が仇となるのよ。"

 

まぁ確かにそういう性格っぽいな…ただ35歳からの巻き返しはなかなか苦しいかなぁ

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

 

www.boxsharpjab.com