ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

WBC会長スレイマン"ゴロフキンとチャーロに指名挑戦者決定戦をしてほしい"パーカーupdates!

WBCの会長マウリシオ・スレイマンさん。ゴロフキンとチャーロ兄の指名挑戦者決定戦の実現を望んでいるそうです。

f:id:TBT:20181119212221j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

現在のWBCミドル級王者はカネロ。ゴロフキンをついに破って王座につきましたな。カネロは一戦自由に試合をすることが認められており、次戦はスーパーミドル級でWBA王者ロッキー・フィールディングに挑戦…

 

以下がスレイマンのコメントです。

 

"カネロはチャンピオンだしチャンピオンはスーパーファイトが認められている。過去僕たちが何回もしてきたようにね。だから彼は次戦WBCを代表して戦う事になるしその後の彼の決断を見なきゃね。"

www.boxsharpjab.com

 

先月の総会でWBCはゴロフキンのダイレクトリマッチの要求を却下し、代わりに暫定王者のチャーロとの指名挑戦者決定戦をオーダー。チャーロは年末にモンローとの防衛戦を控えており実現は来年になりますな。

 

"WBCは暫定王者のチャーロにゴロフキンと対戦するようにオーダーした。ゴロフキンの王座陥落は議論を呼んだからね。タイトル戦を戦うに値するよ。一方カネロは選択試合を望んだ。僕たちは全てを考慮してゴロフキンvs.チャーロをオーダーしたんだ。実現するといいな。この試合の勝者はカネロとのビッグマッチに臨むことになる。幸せだし実現してほしいな。結果を見てみようよ。"

 

カネロvs.ゴロフキンは飽きたなぁ…ゴロフキンvs.チャーロは割とフィフティーフィフティーだよな…

www.boxsharpjab.com

続いて元WBO世界ヘビー級王者で今年ジョシュア、ホワイトのイギリス勢に2連敗を喫したニュージーランド出身のパーカーさん。

12月15日に母国ニュージーランドでアレックス・フローレスなる相手と再起戦を行うそうです。

 

以下が26歳のパーカーのコメントです。

 

"取り立ててすごい対戦相手はいないみたいだけどフローレスは若くていいレコードだよね。彼はチャレンジャーのマインドじゃなくて、俺に勝ちに来て、ヘビー級で名を売るつもりだろうな。彼のレコードは素晴らしいしKO率も高い。前進するタイプだと思うし、俺をKOするって息巻いてるらしいね。面白くなるしいいチャレンジになるんじゃないかな。"

 

この試合は3試合連続でイギリスで戦ったパーカーの凱旋試合にもなりますな。

 

"ホームに帰ることはいつも嬉しいことだよ。ニュージーランドでキャリアを立て直すことも大事だし、俺の夢をサポートしてくれるファン達に恩返しもしたい。俺の夢がうまくいけばこれがしばらくは最後のホームでの試合になるかもしれない。この試合に勝ったら来年はイギリスに戻るよ。勝ったら次の試合についてチームと話すよ。でも全てうまくいけばトップに戻るのにはそんなに時間がかからないと思うんだ。俺はトップの奴らと対戦したいし、そのためにはステップを踏まなきゃね。"

 

パーカーは前に出てワンツーを振るのが基本だから試合がもみ合い多すぎてこの人の世界戦は全て凡戦なんだよなぁ

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

 

www.boxsharpjab.com