ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

フューリーさんローチをコーナーに招聘する…ニュース

なんとなんと、12月1日のワイルダー戦に向けてフューリーさんがフレディ・ローチをカットマンとして招聘したそうです。

f:id:TBT:20181115095317j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

最近ビッグベアーでのキャンプを切り上げたフューリーはローチのワイルドカードジムに拠点を移したようですな。

カットマンとしての招聘ですが、必要に応じて試合中に戦略などのアドバイスもしていくとのことです。

www.boxsharpjab.com

 

"フューリーにセコンドについてくれって頼まれたんだよ。カットマンしてくれないかってね。俺は別にいいけどカットマンなら俺より上手い奴知ってるぜ?って言ったんだ。そしたら彼は何やってるか分かってるの?って聞いてきたからもちろんだ。お前が必要なものは全部できるって答えたのさ。だからカットマンなんだよ。俺は彼が好きだよ。ポジティブだしどうやったら勝てるか真剣に考えて取り組んでる。彼はフェイントもうまいし足が使える。才能あるよね。彼ならワイルダーをアウトボックスできると思うんだ。ワイルダーのパンチは当たらない。打ち合おうとしたら捕まるだろうけどね。だけどフューリーはいいボクサーだし足を使って 12ラウンド特に問題なくクルーズできると思う。調子は良さそうだよ。ここでは何回かもうすでに 12ラウンドこなしてるしね。"

 

パッキャオに去られた後も素晴らしいトレーナーとして名を馳せておりますな。

フューリーと合うのかどうかは置いといて存在感は大きなファクターです…

 

さらにフューリーさんは戦わずして無敗のまま王座を失い、今年帰ってきましたな。一時は自殺まで考えたうつ病の治療について語っているようですので和訳しました!!

 

フューリーは2015年にWBA.IBF.WBO統一王者だったクリチコを大番狂わせの判定で破り、一気にヘビー級の主役に躍り出ましたな。

www.boxsharpjab.com

 

"あの試合はいつも俺の心の中にあった。メンタルの病気は静かに忍び寄る暗殺者みたいなもんだ。見えないから一酸化中毒みたいなもんだよ。"

 

自殺を考えていた時期、ドラッグと酒浸りになり400ポンドまで体重は増加しましたな…しかも薬物検査で引っかかってライセンス剥奪…しかし2017年に治療を受けて自分の中の悪魔を追い払ったそうです。

"俺はボクシングがめちゃくちゃ嫌いだ。だけど今回ばかりはトレーニングに助けられたよ。トレーニングしてないと気持ちがどんどん下向きになっていくんだ。トレーニングしてると何も考えなくなるからね。ボクシングの副産物として、いつも俺に楽しみなものを与えてくれてたんだ。なんのためにトレーニングするのかとかね。それが俺をここ数年救ってくれたんだ。トレーニングすると本当に何も考えないんだよ。だからトレーニングした後はいつも気分がいいんだよ。"

 

ワイルダーとの次戦については

 

"今回世界中から多くのサポートを得られてると感じるよ。イギリスのファンだけじゃなくてね。俺がロサンゼルスをロードワークしてたらみんなが頑張れチャンプ!って応援してくれるんだ。本当に嬉しいことだよ。きっと俺にはワイルダーに負けないくらいのファンがついてくれてるんだよ。"

 

まぁクリチコ戦の前から情緒不安定やったし、いつ再発するかはよくわからんけどな…

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

 

www.boxsharpjab.com