ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

メイウェザースタイルってフィリピンで人気出るの? マーク・バリガvs.カルロス・リコナ予想

広告

こんにちは管理人です。

今日は2018年アメリカで行われるIBF世界ミニマム級王座決定戦

マーク・バリガvs.カルロス・リコナの一戦を予想します!!

 

www.boxsharpjab.com

 

京口紘人が返上したこのタイトルは世にも珍しいアメリカでのミニマム級戦となりましたな。

競技人口が非常に少なく、欧米人の体格でミニマム級の選手が少ないためアメリカでの試合は全然ないですが、スーパーフライの影響もあるのかな。

 

バリガはフィリピン出身のサウスポー。この選手の異名はフィリピーノメイウェザー

故郷の英雄パッキャオの好敵手を明らかに模倣しているL字ガードでロープ際に下がりながらも相手の打ち終わりに合わせたカウンターの連打。ガードの間を破るようなアッパーが得意なパンチのようである。

そしてメイウェザースタイルと呼ばれるもう一つの所以と思われるのは避け勘の良さ。

スウェーとダッキングで相手のパンチをかわす見切りの良さは素晴らしいものがあり、それだけで相手は自分のパンチが当たらずイライラして大振りになって体力を消費する悪循環に陥る。

唯一気になるのは手数の少なさだろうか。ただ今回の相手リコンは中間距離を得意とするワンツーパンチャーなのでカウンターの取り合いになりそうかな。

www.boxsharpjab.com

 

対するリコナはマイキーのトレーナーでおなじみのロベルト・ガルシアの教え子。

この選手に関して言うとすみません。スパーリングの映像しかなく詳しいことはわかりません泣。

そのスパーリングを見ただけの印象ですが、基本的には中間距離からワンツーを打ち込むボクサータイプと言った印象。

ただ、力感はあまり感じずこのタイプだと基本的に自分から手を出さずにカウンターを狙うバリガとは少し相性が悪そうに思えた。

www.boxsharpjab.com

 

試合予想

 

今回の予想ですが、バリガの判定勝ちでいきたいと思います!!

 

両者ともにパンチングパワーに乏しく、KO決着の可能性は低いと思う。

その中で手数が少ないながらも目を引く有効打の多いバリガがポイントをピックアップ。リコナも手数と積極性で時折ポイントを奪うもののバリガのカウンターとディフェンスに阻まれ結果的には中差の判定でバリガが王座獲得。

こんな感じかなー。

逆にリコナが勝った場合はマイダナのようにバリガをロープに押し込みまくって当たらないことを承知の上で手数を出しまくった場合。

ただ、これは非常に体力をロスすることと、隙が多くなるため、ある程度のタフさも必要になる。そう考えるとスタイル的に有利なのはバリガになるかな。

www.boxsharpjab.com

 

まぁ、なかなかこんな試合が注目されることはないと思うけど、ミニマム級がアメリカでタイトルマッチするなんて、カルデロンとかロペス以来じゃねぇの?

アメリカでは不人気な軽量級の中でも最も存在感の薄いミニマム級。軽量級らしくスピードあふれる動きで観客を魅了するようなファイトを期待したいですね。

 

あ、後フィリピン人なのにパッキャオのライバルのメイウェザー模倣ってウケるのかな?笑

パッキャオのファンからめちゃ嫌われてまいそうやけど笑

www.boxsharpjab.com