ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

クロフォードが王座統一!! テレンス・クロフォードvs.ビクター・ポストル

こんにちは管理人です。

今日は2016年アメリカで行われたWBO.WBC世界スーパーライト級王座統一戦

WBO王者テレンス・クロフォードvs.WBC王者ビクター・ポストルの一戦です!!

Live Trax Vol. 9: MGM Grand Garden Arena

Live Trax Vol. 9: MGM Grand Garden Arena

  • アーティスト: デイヴ・マシューズ・バンド
  • 出版社/メーカー: Bama Rags Recordings
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合はラスベガスで行われ、クロフォードは3度目の防衛戦、ポストルは初防衛戦でしたね!!

お互いにトップランク傘下同士のこの一戦は技巧派ポストルのソリッドなワンツーかクロフォードの高い身体能力かの戦前予想となりましたが結果はクロフォードが2度のダウンを奪った末に大差判定勝ち!!

見事に王座統一に成功し、ポストルに初黒星をなすりつけました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

1ラウンド

クロフォードはサウスポースタイルでジャブをついて距離を取る。

ポストルも遠い間合いからジャブを放つが中盤右ジャブを軽くもらう。

ポストルは中々踏み込めず手数で劣る。

 

 2ラウンド

クロフォードは足を使ってジャブをボディに放つ。ポストルは踏み込んで組みついてフックをねじ込むが効果は薄い。

クロフォードは動き回ってワンツーを放ち、終盤ポストルの離れ際に左ショートを当てる!

 

3ラウンド

クロフォードはロングレンジを保つが、ラウンド中盤距離を詰められ、ポストルの右ショートを被弾する。

しかし終盤体を振りながら右ジャブを多く繰り出し、左ボディをヒットさせる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ラウンド1分過ぎ、動きまわるクロフォードの左がヒット!!

組みついては右フックをヒットさせて左を打ち込む。

ポストルも終盤右を浅く当てるが、クロフォードはすぐに離れて左をボディに伸ばす。

 

 5ラウンド

開始早々クロフォードの右フックでポストルは膝をつくダウン!!

クロフォードはヒットアンドアウェイを貫き通して極力自分から手を出さない。

そして迎えたラウンド中盤ポフトルが踏み込んで放った右に左ショートフックのカウンターがヒット!下がるポストルは追撃でバランスを崩してダウン!!

クロフォードは慎重に距離を取り、ポストルのジャブに左を合わせようとする。

 

6ラウンド

クロフォードはカウンター作戦を貫いてボディを遠い間合いから放つ。

ラウンド中盤にはポストルの踏み込みに合わせて左ボディを当ててポストルを追いつかせず、ジャブに右フックをカウンターで当てる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

クロフォードは遠い間合いから左を放り込んでポストルのジャブを封じる。

中盤にはポストルの入り際に右フックをかすめて警戒させる。

ポストルはクロフォードの速い動きについていけずにかなり苦しい展開だ。

 

8ラウンド

ラウンド開始早々右フックでポストルをふらつかせるクロフォード。

クロフォードは打ちあわずに動きまわるため会場からはブーイングも聞こえるが、中盤左でポストルをふらつかせる!

クロフォードはポストルの打ち終わりを狙っており、入り際にアッパーも合わせ始める。

 

 9ラウンド

ポストルはプレッシャーをかけるがクロフォードはあっさりかわしてしまう。

中盤ボディを当ててワンツーをサイドからヒットさせるクロフォード。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

クロフォードは下がりながらもいきなり踏み込んでワンツーを放ったりしてペースを渡さない。

ポストルは中盤右ボディを当てるが、クロフォードは力を込めて左を放つ。

終盤ポストルのクリンチに左ショートを合わせるクロフォードはスピード差を見せつける。

 

11ラウンド

クロフォードは動きながらポストルの動き出しにジャブを当てる。

ポストルが近づくと細かいコンビネーションを当てて下がらせるクロフォード。

ポストルは見た目から分かるほどイライラしておりどうしようもない状況だ。

終盤ラビットパンチでポストルは一点減点されてしまう…

 

 12ラウンド

ポストルはKOを狙い踏み込むがクロフォードは相手にしない。

ポストルが近づくとクリンチして下がるクロフォードは舌を出して挑発する。

クロフォードは終盤オーソドックスに戻して何発も左フックを当てて優勢をアピール。

最後は下がって余裕の表情でゴングを聞く。

 

採点は118-107が二者、117-108が1人の3-0でクロフォード!!

ちなみに僕の採点は119-106でクロフォードでした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

この戦い方されたら勝てねぇな…

 

クロフォードが今回実行した作戦は徹底したヒットアンドアウェイ。ポストルの的確なジャブを警戒して常に位置を変えて遠い間合いから踏み込みのスピードを生かして圧倒。全くもって付け入る隙を与えなかった。

 

ポストルのジャブはマティセーのような動きの少ない相手には有効だが、クロフォードのような同じ場所にいない動きのスピードが早い相手には機能しなかった。

 

あまりにもこの試合のクロフォードは凄すぎて正直これやられたらめちゃつまらんけど勝てるやつおらんのちゃうかなと思いましたね…

www.boxsharpjab.com