ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

拳四朗V5戦は意外と難敵? 拳四朗vs.サウル・フアレス予想

広告

こんにちは管理人です。

今日は2018年12月30日に東京で行われるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

王者 拳四朗vs.サウル・フアレスの一戦を予想します!!

 

www.boxsharpjab.com

 

この試合は拳四朗の5度目の防衛戦。対戦相手のフアレスは世界初挑戦となり、拳四朗は今年3度目のリング登場だ。

 

拳四朗はこれまで、ガニガン・ロペスを2度、ペドロ・ゲバラ、ミラン・メリンドなどの元王者たちを下してきており、目下3連続KO勝ち中と波にのる。

この選手の素晴らしいところは前後、サイドへの動きが非常にいい。ロングレンジから踏み込んで打った後にすぐバックステップで離れたり、接近戦でも打ってはサイドに逃れるなど動きのスピードが極めて早い。

さらにロングレンジから力みなく出る左ジャブはかなりシャープでこのパンチで前戦のメリンドをほとんど完封してみせた。

このジャブが機能すると続く強力な右が火を吹き始めて対戦相手にダメージを与える展開となり、後半にKOも見えてくるだろう。

今回のフアレスは運動量が多い相手なため、ボディ攻撃が有効だと思う。

www.boxsharpjab.com

 

対するフアレス。こちらはミニマム級でワンへンに挑んで以来の2度目の世界挑戦。この試合ではワンヘンに敵地で肉薄したものの判定負け。これまでの経歴において8敗と負け数の多さが目を引くが、元王者のアドリアン・エルナンデスに連勝しており、メリンドとも接戦を演じている難敵だ。

選手としての特徴はとにかく運動量が豊富。

序盤からほとんどフルスロットルで動き回りながらジャブを放つアウトボクサーである。このスタイルを生かしてメリンド戦では前半有利に立ち回ったが、打ち出しと打ち終わりにカウンターを合わせられて判定負け…

ちなみにワンヘンに負けてから4連敗を喫しており、その後一度引き分け、一つの勝ち星で今回のチャンスにありついている。勢い的にはひと頃の勢いはもうないだろう。

また、ガードの意識が低いことも特徴であり、基本的にガードを下げている。打ち終わりにもガードが下がっており、見切りはそこそこなので接近戦ではよく被弾している。

www.boxsharpjab.com

 

試合予想

 

今回の予想ですが、拳四朗の8ラウンドTKO勝ちを予想します!!

 

この両者は似た部分も多い選手同士、ただ全ての要素で拳四朗が上回っていると思います。

 

恐らくフアレスの見切りと反応では拳四朗のロングレンジからのジャブと動き出しを狙ったジャブに反応できずにボディも序盤からもらう。

4ラウンドあたりから拳四朗の右ももらい始めてお先真っ暗に

中盤バックステップするシーンが増え迎えた8ラウンドにロープ際で拳四朗のコンビネーションをまとめられて一方的な試合が止められる…

こんな感じかな。

 

しかし、拳四朗のここ最近の充実度合いは眼を見張るものがある。今回も2ヶ月弱のスパンでの防衛だし、懸念点はそこぐらいかな。

まぁ、拳四朗さんは統一戦に興味ないらしいからそうなるとしばらくの間は王者として長期政権を築くんじゃないかな。

ここでつまずくようにはちょっと思えまへんな笑

www.boxsharpjab.com