ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

リナレス"ロマチェンコとの再戦以外でライト級に戻るつもりはない"ワイルダーupdates!

5月にロマチェンコと対戦して激闘の末 10ラウンドTKO負けを喫した3階級制覇王者のリナレスさん。ペドラサのサウスポースタイルはやりにくいと思っているそうですが、最終のベルを聞くのは無理だと思っているそうです。f:id:TBT:20181108115705j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

"正直ロマチェンコにとってイージーともハードともつかない試合だね。だってペドラサはサウスポースタンスからもオーソドックスでも左を打ってくる素晴らしいファイターだからね。でも 12ラウンド立ってられるとは思えないな。"

 

リナレスはスーパーライト級に階級を上げており、復帰戦を飾っておりますな。

 

"僕はまだ来年にもロマチェンコと再戦したいと思ってるよ。まだライト級でも戦えるけどロマチェンコ戦以外で戻るつもりはないな。だからとりあえずはスーパーライト級にいるよ。スーパーライト級にはたくさんの凄い選手達がいる。マイキーとかホセ・ラミレスとかね。対戦する可能性のある敵は多いよ。 

リナレスのポテンシャルなら4階級いけそうやけどプログレイス辺りなら1発もろたらアウトやなぁ…

ラミレス辺りが狙い目なのかな・・・

www.boxsharpjab.com

 

 

 

続いてリング外では親交のあるワイルダーとフューリーさん。ワイルダーはフューリーの独特なスタイルに少し戸惑っているようですな。

 

ワイルダーは友人と対戦するにあたって長年の友人だったマリク・スコットをKOした経験が活きると分析しております。

 

"フューリーの弱点なんて知らないよ。あんなタイプとやったことないからね。俺は対戦相手がチャンプだと思って練習してる。それが俺をシャープにしてくれるし朝から目覚めさせるんだ。俺の立ち位置を欲しがってる若いライオン達がいるのは知ってる。俺たちは求められてることをするだけさ。準備してきた全てのことをさらに磨くよ。"

 

ワイルダーはキャンプに同行しているスコットからフューリーの特徴である、アングルを変えて放つパンチを対策しているようです。

 

"フューリーが予想してないようなことをするつもりだ。フューリーは俺がただ追いかけて右を打つだけと思ってるけどそれじゃただのバカだ。奴がリングに上がったら驚くことがたくさんあるよ。みんな俺と戦うやつはそう思うのさ。みんなが俺の右のことだけ話題にしてくれるのは好都合だよ。だってそしたら奴らはそこしか頭になくなるだろ?さしたら俺はサプライズができるんだ。俺ハングリーな王者だし、引退までそうありたい。アメリカでPPVを売れるようになるのは難しい。だけどついに到達したぜ。俺は最後に笑顔でたどり着いたぜ。"

 

この試合はどう転ぶかよくわからんけどワイルダーに勝ってほしいなぁ

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com