ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ベルチェットさんゾンビを倒す・・・ミゲール・ベルチェットvs.ミゲール・ローマン

広告

こんにちは管理人です。

今日は2018年アメリカで行われたWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王者ミゲール・ベルチェットvs.ミゲール・ローマンの一戦です!!

f:id:TBT:20181104141434j:image

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) NEO パンチング バッグ KW-811

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) NEO パンチング バッグ KW-811

 

 

www.boxsharpjab.com

 

メヒコの強打者対決となった注目のこの一戦!

充実のベルチェットか、サリドを番狂わせのKOで破ったローマンの勢いかといった戦前の予想となりましたな。

 

結果はベルチェットが6ラウンドに二度のダウンを奪ったもののローマンがど根性でふらふらになりながら打ち返す熱い展開の末に9ラウンドにベルチェットがダウンを奪いTKO勝ち!

ローマンは敗れながらも印象を残しましたな。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

1ラウンド

ベルチェットは長い腕を振り回して前進する。

ローマンはプレッシャーをかけるがベルチェットのボディを被弾し、パンチを当てられない。

ラウンド終盤にはボディブローを決めるがローマンも至近距離で右フックをねじ込む!

 

 2ラウンド

ベルチェットは距離を取りボディブローでローマンを削る。

ローマンは距離を詰め、ラウンド1分右フックをヒット!

ラウンド中盤にも左フックをタイミング良くヒットするが、ベルチェットもコンビネーションで対抗する。

ラウンド終盤はベルチェットがボディのダブルから右フックを顔面に返す。

 

3ラウンド

ベルチェットは手数をボディに集めて距離が詰まるとクリンチでしのぐ。

ラウンド中盤ローマンの右にベルチェットのカウンターの左フックがヒットし左ボディから顔面への右ストレートでローマンがふらつく!

攻め立てるベルチェットだがローマンは後退しながらも良く踏ん張りダウンを拒否する。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ベルチェットは前進するローマンをコンビネーションで止め、ジャブもヒットさせる。

ローマンの大振りのうち終わりにコンビネーションを返すベルチェットはテクニックとスピードで勝り徐々に差が出始める。

 

 5ラウンド

ベルチェットは足を使って下がりながらローマンのプレッシャーをかわす。

ローマンは中盤距離を詰めて大振りのパンチを振るい、ベルチェットもやりにくそうだ。

ラウンド終盤ベルチェットの右ボディからの左フックでややローマンの体が流れる。

 

6ラウンド

しつこく追うローマンだが、ベルチェットは入り際にアッパーを狙っている。

ベルチェットはパンチを大振りで強振し、ローマンを下がらせる!ローマンも返すもののボディが効いており、ラウンド終盤にロープに下がる!!

そしてロープ際で、ひっぱたくような右フックをもらったローマンはもんどりうってダウン!!立ち上がったがベルチェットの連打で再びダウン!!立ち上がってゴングに逃げ込む!

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

ベルチェットはフィニッシュを狙っておりボディを狙う。

ラウンド1分過ぎにはダブルの左フックがヒットし、ローマンはかなり苦しい。

ベルチェットは長いパンチで追い回しローマンは逃げ回る!

 

8ラウンド

ベルチェットは下がりながらコンビネーションを打ち込み、ローマンは左フックの連打を浅く当てる。

頑張るローマンだが、打ち終わりに体が流れており、疲労を感じさせる。

ラウンド中盤にはベルチェットの右ストレートを被弾し、コンビネーションを被弾するもののもっと来いと挑発する。

ふらふらのローマンは顔面もボディも効いておりよく立っている。

 

9ラウンド

ローマンは前進し続け、ロープ際でジャブを当て、近づくとフックを振り回す。

ラウンド1分にはベルチェットの右フックをもらうものの打ち返すど根性を見せる。

しかし、ラウンド中盤左ボディが効き、コンビネーションに晒されてダウン!!

再開後ふらふらになりながらも打ち返すがベルチェットの左右のフックのコンビネーションで下がり、ロープで連打をまとめられたところでレフェリーが割って入りストップを宣告した!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

ベルチェットやっぱ強いな…

 

正直ローマンが勝てる要素は見当たらず、かなり厳しい試合を予想していたんですけど、よく頑張った方ですよね…

6ラウンドでストップされてもおかしくなかったんですけど、あそこから打ち返す気力と最後まで勝負を捨てない姿勢はお見事でした!

 

ベルチェットがローマンに勝利したことでトップ戦線は無風になったわけですが、今のところデービス、ベルチェットがツートップかな。

ベルチェットとマチャドとかやってくれたらすげぇ面白そうだなぁ…

でも伊藤とファーマーあたりも伊藤が前戦みたいな接近戦ができれば勝機ありだなー…

スーパーフェザー級戦線はなかなか粒が揃ってきましたな

www.boxsharpjab.com