ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

井岡はやっぱりすげぇなー 井岡一翔vs.ヨードグン・トーチャルンチャイ

広告

こんにちは管理人です。

今日は2011年日本の大阪府立体育館で行われたWBC世界ミニマム級タイトルマッチ

王者井岡一翔vs.ヨードグン・トーチャルンチャイ(タイ)

今をブレない。

今をブレない。

 

ハイ出ました高速KO劇。

井岡一翔と言えばこの後3階級制覇を達成する日本を代表する技巧派。

そんな彼ですがミニマム級時代からやばい試合をしてるんですよね。

ミニマム級時代の彼の強烈初回KO劇を振り返ります!

 

試合経過

 

1ラウンド

井岡は開始からグイグイ踏み込んでガードの上からパンチを放つ。

ヨードグンの打ち終わりに左フックを返し萎縮させてしまう。

そして迎えたラウンド中盤踏み込んだ井岡の右アッパーからの左ボディが綺麗に決まる!!

明らかにボディが効いたヨードグンは下がり井岡が詰め、左右のフックを振るう!そしてヨードグンの右フックに合わせた左フックでヨードグンは前のめりにダウン!!

失神しておりカウントは途中でストップ!!

ヨードグンはダメージが深く担架で退場した

 

所感

 

うん、実力差半端ないっすね笑

 

ヨードグンがパンチを出す前に開始から強度を振るう井岡にメンタルから萎縮させられたヨードグン。

その後パワーの差から手を出しづらくなり始めのワンツーを出したら左フックを合わせられますます手が出せなくなる…

 

そしてラウンド中盤にガードの間を割る右アッパーから狙いすました左ボディをまともに受けてここで勝負は決まっていました…

 

あとは井岡が苦し紛れにフックを放つヨードグンの内側から左フックズドンで終了…

うん、実力差があるとはいえここまで自分の掌の上で相手を転がすのはすごいですな。