ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

コロボフの夢右フック一発で霧散… アンディ・リーvs.マット・コロボフ

こんにちは管理人です。

今日は2014年アメリカのラスベガス、コスモポリタンで行われたWBO世界ミドル級王座決定戦

アンディ・リー(アイルランド)vs.マット・コラボフ(ロシア)の一戦です!!

SODIAL(R)アイルランド旗 5フィートx3フィート

SODIAL(R)アイルランド旗 5フィートx3フィート

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はピーター・キーリンがコロボフとの対戦を避けて王座を返上したとも言われて実現しましたね。

コロボフはロシアを代表するボクサーの1人で2度世界選手権を制したバケモノボクサー。

こな試合の前までも全勝で世界への階段を登ってきたブギーマンでしたよね!

 

しかしこの試合は予想不利のリーが6ラウンドにそれまでの劣勢を吹き飛ばす強烈な右フックのカウンターをお見舞い!!

 

この一発で回復不能なダメージを受けたコロボフはダウンこそ拒否したものの追撃でストップ負け…

リーが見事に逆転劇を飾り王座に到達しました!!

 

それでは世界を驚かせたこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポーの両者。リーは距離を取り体格に勝るコロボフはリーが飛び込んできたら組みついて重いパンチをねじ込む。

ラウンド終盤リーの左が軽くヒットする。

 

 2ラウンド

コロボフは中間距離から左を打ち込み、リーは右フックのカウンターを狙う。

リーはスピードで勝るが手数が少なくどうしてもポイントがコロボフに流れる。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

コロボフはジャブを伸ばして左を狙うがカウンターを警戒してこちらも手数が少ない。

ラウンド中盤リーの左がクリーンヒットし、コロボフは少しふらつく!!

リーはコロボフの左のうち終わりにガードが下がるところを狙っているようだ。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

コロボフはヒット率が低いながらも積極的に手数を出す。

中盤にはリーのボディを狙い左を当て、踏み込んで右フックも当てる。

リーもジャブを返すがやや押し込まれている印象だ。

 

 5ラウンド

序盤コロボフはジャブをダブルで浅く当て、左を放り込む。

中盤にも飛び込んでジャブをヒットしリーの左はスウェーでかわす。

 

6ラウンド

リーはジャブをついてカウンターをちらつかせコロボフを調子付かせない。

そして迎えたラウンド1分過ぎ、接近戦で離れ際に大振りの右フックを放とうとしたコロボフにリーが内側からコンパクトな右フックをクリーンヒット!!

大きくふらついたコロボフは足元がおぼつかずリーの追撃に無抵抗のまま晒される姿を見てレフェリーがストップをかけた!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

物凄い右フックでしたね!!

 

歴史に残るKOパンチの1つだったと思います!実質試合を決めたのは6ラウンドのあの一発で歴史上でもなかなか類を見ない美しい芸術的なカウンターでしたね!

 

あのタイミングでもらってしまったらストップはもうやむなしかな…

リーはコロボフの大振りの右フック完全に狙ってましたね笑コロボフは接近戦なら合わせられないと見ていたんでしょうが、想定外の死角からの強烈なカウンターをもらってしまいました。

 

ちなみにこの後リーはサンダースに敗れて王座陥落。昨年に引退しています。

コロボフはこの試合の後試合間隔が空いてしまい、スーパーミドル級にあげましたがかつてのような勢いはなく別のファイターのようになってしまいましたな…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com