ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

闘志溢れるイェジットさん…イバン・バランチュクvs.アンソニー・イェジット

こんにちは管理人です。

今日は2018年ニューオリンズで行われたIBF世界スーパーライト級王座決定戦にしてWBSSトーナメント1回戦

イバン・バランチュクvs.アンソニー・イェジットの一戦です!!

お互いに世界初挑戦となるこの試合。

僕の予想ではボクシングの幅が広いイェジットの判定勝ちでしたが、結果はパワーで勝るバランチュクが闘志あふれるイェジットの左目を塞ぎ 7ラウンド終了TKO勝ち!!

見事に準決勝に進出し、世界王座を手にしました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポーのイェジットは下がりながら体を振るがやや距離が近い。

バランチュクはガードの上からでもおかまいなしに豪打を振り回してくる。

イェジットは動き回りながら右ボディを放ち、インサイドでアッパーを当てる。

バランチュクもイェジットの打ち終わりに右を返してパンチの効果の差で上回る。

 

 2ラウンド

イェジットはシャープなワンツーを序盤当ててスキルで勝るがパワーレスだ。

イェジットの左目は腫れてきている。

ラウンド中盤にはバランチュクがアッパーでイェジットの顔を跳ね上げ、パワーでイェジットを押し込む!!

イェジットも終盤左を返して実力を示す!

 

3ラウンド

ラウンド序盤イェジットは左の打ち下ろしをクリーンヒット!さらに左をヒットさせるがバランチュクもガードの上からコンビネーションを返す!!

イェジットはロングレンジから左を打ち込み、ガードの甘いバランチュクにはこれがよく当たる。

 

4ラウンド

バランチュクはイェジットのボディを狙いイェジットはロングレンジから左を放ち、距離が詰まると右アッパーを放つ。

中盤バランチュクは振り回して力感溢れるフックで肉薄するが、イェジットも離れながら左を放つ。

イェジットの左目は塞がってきている。

 

 5ラウンド

バランチュクは距離を詰めてボディ中心にパンチを放ってイェジットを押し込む。

バランチュクはガードの上から叩きつけるようにパンチを放ちイェジットを削る。

 

6ラウンド

開始早々バランチュクの左フックでバランスを崩すイェジット!

イェジットもインサイドで細かいコンビネーションを放つが恐らく左目の視界はもうない。

イェジットはパンチが見えないため接近戦に望みをつなぐが、バランチュクの方が体が強くどうしても押し負けてしまう。

 

 7ラウンド

イェジットは危険なほど腫れた目で戦い根性を見せるがもう止めるべきでは?と思う。

イェジットは中盤一生懸命接近戦でパンチを放ち、アッパーを返す!!

接近戦で肘を使って頭を押し下げたバランチュクに一点減点が入る。

必ずパンチを返すイェジットには感動ものだが終盤バランチュクの打ち下ろしの右をコネクトされて大きくふらつく!

 

 7ラウンド終了後イェジットの目を見たにドクターストップがかかり不満なイェジットをよそにバランチュクのTKO勝ちとなった!!

 

所感

 

イェジットさん残念…

 

本来ならば6ラウンドで止められるべきだったと個人的には思いますが、試合後に抗議していた彼を見てイェジットのこのトーナメントにかける思いはかなり伝わりましたな。

 

で、試合ですがバランチュクの体の強さはかーなりすごいなと。まともにパンチをもらうところはいただけないですが、イェジットみたいなタイプからすると悪魔のようなマッチアップでしたね…。

 

ただ、目が腫れておらずロングレンジでの戦いを敢行できたようならイェジットの正確なパンチで4ラウンドにバランチュクの前進が鈍ったように勝機はありましたし勝負は分からなかったですね…

敗れはしたものの素晴らしいファイティングスピリッツで会場を沸かせたイェジットにチャンスが与えられることを願うばかりですな…

 

バランチュクには準決勝頑張っていただきたい…テイラーとマーティンの勝者とならかなり厳しいと思うけど…