ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

アッツい英国ビッグマッチ続く! ジョシュ・ワーリントンvs.カール・フランプトン予想

こんにちは管理人です。

今日は2018年12月22日イギリスで行われるIBF世界フェザー級タイトルマッチ

王者ジョシュ・ワーリントンvs.カール・フランプトンの一戦を予想します!!

Northern Ireland SouvenirsベルファストステッカーEUギフト

Northern Ireland SouvenirsベルファストステッカーEUギフト

 

最近多いオールUKマッチですなぁ…

ワーリントンは前戦でリー・セルビーを破って初の世界戴冠を果たした手数のやまないインファイター。

この選手はとにかく多少被弾しても前にで続けて手数を出してくる厄介者で、1発のパンチ力はその迫力に反してないものの豊富な運動量と旺盛な手数で相手を押し切ってしまうスタイルですな…

これまで未だ無敗でカウンタータイプのフランプトンを押し切れるかどうかが勝負のカギとなりますな。間違いなくフランプトンがキャリア最強の敵になると思うし…

 

対するフランプトン。こちらは言わずと知れたアイルランドのスター選手で切れ味鋭いカウンターを武器にスーパーバンタム級とフェザー級を制し、アメリカでレオ・サンタ・クルスと二度のビッグマッチを繰り広げて痛み分けの1勝1敗…キャリアで喫した敗北はこれだけと正真正銘の強者である。

これまでIBF.WBAスーパーバンタム級、WBA.WBO暫定フェザー級と3度世界王座についており今回が4度目を狙う…

この選手はとにかく左フックのカウンターが強い!接近戦で押し込まれると手数が減るものの中間距離から放つワンツーで相手の前進を止めて相手の動き出し、打ち終わりを狙った左フックのカウンターでペースを握る展開を得意とする。

サンタクルスとの再戦では思ったよりも手を出してこないサンタクルスに逆にカウンター作戦を取られたが、今回のワーリントン戦ではおそらく向こうから手を出してくるのでタイミングを測ればフランプトンのカウンターか当たる可能性も高いだろう。

 

試合予想

 

今回の予想ですが、ワーリントンの僅差判定勝ちを予想します!!

 

ただめっちゃ迷いました笑

どっちが勝ってもおかしくないなと。ワーリントンの豊富な運動量、手数を取るかフランプトンのヒット率、有効打を取るかでめちゃくちゃ割れそうですね笑笑

 

ただ1つ思ったのがフランプトンは恐らく下がりながらカウンターを狙うと思うんですね。

自分からもあまり手を出さないだろうし。

そうなってくるとワーリントンの止まらない前進と手数に体ごと押し込まれて得意のカウンターが機能しない可能性も見える。

ワーリントンのフィジカルの強さは階級屈指で多少の被弾は気にせずに前進してくるタフさもあり、どちらかと言うとフランプトンの方が相性悪いかなと言うのが予想の根拠です。笑

それで押し込まれるシーンの多いフランプトンのカウンターも当てるけどポイントはワーリントンに流れる展開になりそうかなと。

 

まぁワーリントンが勝ったらセルビーとのリマッチになるのかな?それともクイッグあたりと国内ビッグマッチ路線に走りそう…

フランプトンならワンチャンアメリカでラッセルさんとの統一戦の実現も可能性はなくもないかも…

いやないか笑ラッセルさん年1防衛だからな笑笑