ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

苦戦に静まる会場のプエルトリカン…エマヌエル・ロドリゲスvs.ジェイソン・モロニー

こんにちは管理人です。

今日は2018年10月20日にアメリカのフロリダ州オーランドで行われたIBF世界バンタム級タイトルマッチにしてWBSS一回戦

王者エマヌエル・ロドリゲスvs.ジェイソン・モロニーの一戦です!!

 

 

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

WBSSトーナメント一回戦として行われたこの試合はロドリゲスにとっては初防衛戦。

オーストラリアからの刺客モロニーを迎え撃ちました。

 

そして試合は採点が難しいものとなりながらもモロニーが肉薄し、後半には明らかにペースを握ったものの2-1の判定はロドリゲスへ…

井上の次戦はロドリゲスとなりましたね!

 

それでは試合を振り返ります!!

 

 

試合経過

 

 

1ラウンド

ロドリゲスは前進しモロニーは下がりながらサークリングする展開。

モロニーのうち終わりにカウンターを狙うロドリゲスだがモロニーも積極的に踏み込んでくる。

ロドリゲスはロングレンジからワンツーを放ちモロニーは飛び込むタイミングを見計らっている。

 

 2ラウンド

中盤モロニーの動き出しにショートの左フックをヒットさせるロドリゲス!

モロニーは忙しく動きながらロドリゲスに的を絞らせずジャブを打ち込む。

ラウンド残り1分にはモロニーの入り際に左ボディを合わせるロドリゲスはスキルで勝る。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

3ラウンド

モロニーはアングルを変えながらジャブを放ち工夫しながら戦い、離れ際に右を当てる。

ガードの高いモロニーだがやや手数が少なくロドリゲスが近づくとクリンチする。

モロニーは残り1分ロドリゲスのジャブに左フックのカウンターを当てやりにくさを感じさせる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

モロニーは絶えずサイドに動き回りながらフェイントを織り交ぜて飛び込んではボディを放つ。

ロドリゲスは絶えず動くモロニーを捉えきれずやりにくそうだ。

お互いにヒットが少なく採点の難しいラウンドとなる。

 

 5ラウンド

ロドリゲスは序盤ショートの右を当てるがモロニーもボディを返す。

中盤ロドリゲスのボディショットが綺麗に決まる。

モロニーも近づいてフックを振るうが、ロドリゲスはうち終わりにアッパーを狙う。

 

6ラウンド

ロドリゲスのうち終わりに合わせて踏み込むモロニーはボディを時折当てる。

ロドリゲスもボディを狙っており両者もみ合いの多い展開となる。

www.boxsharpjab.com

 

7ラウンド

モロニーは動きながらジャブをついてロドリゲスはボディを放つ。

ラウンド1分過ぎモロニーはショートのワンツーを当て、中盤には頭をつけてボディを放つ。

中盤ボディから顔面に返す左フックがロドリゲスを捉える!

 

8ラウンド

モロニーは体を振りながらロドリゲスに的を絞らせないカウンターパンチャーにとっては厄介な戦い方を実践し、研究してきたことをうかがわせる。

両者やや手数が少ないながらもモロニーは飛び込んでのアッパー、ロドリゲスはボディとパンチを交換する。

 

9ラウンド

同じ展開が続くがモロニーがロドリゲスのジャブに右をヒット!

右ボディも当ててロドリゲスに肉薄する。

中盤にはボディ2発から顔面に右フックを返して当てるモロニー。

ロドリゲスのパンチはしっかりブロックし、うち終わりにボディを返す。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ロドリゲスは下がりながらもモロニーの飛び込みざまにカウンターを狙う。

モロニーは豊富な手数を出してロドリゲスに接近するが、組みついてくるロドリゲスに動きを寸断される。

モロニーは終盤ロドリゲスをロープに詰めて連打を出す。ロドリゲスはこの距離では出せるパンチがないようだ。

 

11ラウンド

ロドリゲスは序盤接近戦でアッパーを当ててワンツーでモロニーを押し返す。

中盤モロニーはロドリゲスをロープに押し込む場面を作り押し合いでも負けないフィジカルの強さを見せる。

ロープに押し込まれるロドリゲスほやや見栄えが悪い印象。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 12ラウンド

モロニーは積極的に手数を出して後半勝負と見ていたようだ。

モロニーは序盤偶然のバッティングで目をカット。それでも構わずロドリゲスに接近して手数を出す。

中盤にはロドリゲスの左フックに左フックのカウンターを当てて右フックもガードの外からねじ込む。

モロニーの突進を受け止めきれないロドリゲスは明らかに劣勢の中ゴングを聞く。

 

採点は115-113が二者、113-1151人で2-1の判定でロドリゲス!!

僕採点は115-113でモロニーでした!!

 

試合後には観戦に来ていた井上尚弥がロドリゲスと握手をした後フェイスオフ。

対戦のムードを盛り上げましたな。

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

ロドリゲスさん後半グダグダでしたな…

 

ロドリゲスはロングレンジ、中間距離では強いんですけど、踏み込まれて接近戦に持ち込まれると途端に苦しくなる。

効いたパンチはないと思うんですけど、この内容だとオーストラリアでやってたら負けてましたな。

 

試合自体はかなり微妙な採点でモロニーの手数を取るかロドリゲスのワンツーを取るか?だったんですけど後半戦は明らかにモロニーが押していました。

 

この分だと我らが井上様を脅かすほどではないかなー

井上の場合圧力半端ないし結構序盤で押し込まれてロープを背負い連打を浴びてストップされる未来が見える…

 

敗れたモロニーですがこちらはかなり評価が上がったんじゃないですかね。

優勝者が階級上がるとしたら真っ先に決定戦の出場権が掴めそうなほどの接戦でした!

 

ロドリゲスはこの試合を見る限り井上をロングレンジに釘付けにするのは無理だろうなー…

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com