ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ソニーボーイ初回で沈む… ジョバンニ・セグラvs.ソニーボーイ・ハロ

こんにちは管理人です。

今日は2009年メキシコで行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

王者ジョバンニ・セグラ(メキシコ)vs.ソニーボーイ・ハロ(フィリピン)の一戦です!!

メキシコ・メリダ物語

メキシコ・メリダ物語

 

この試合はセグラの2度目の防衛戦ですね!セグラら2度目のアタックで世界をつかんだ強打者。後にイバン・カルデロンを2度にわたって破り、カルデロンに初の黒星をなすりつけた男としてとても有名です。

ハロはのちにポンサワンをフライ級で大番狂わせで下して世界王者となる強打者。日本でも度々試合をしており、最近はウェイトオーバーをやらかして日本での試合が禁止とされているネタキャラ王者です笑。

日本では五十嵐俊之に僅差判定負けで王座陥落。それでも五十嵐のパンチをもらいながらニタニタ笑って前に出る姿が印象的な大振りファイターです。

 

しかしこの試合では階級最強の呼び声も当時高かった全盛期の強打者セグラの前にボディで初回に沈みました…セグラからしたらかなり楽な試合でしたね。

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

セグラは長いリーチから積極的に踏み込んでスローなコンビネーションを放ついつも通りの立ち上がり。

初回から動きのスローなハロにコンビネーションを打ち込み、左ボディが何発もヒットする。

ハロは自慢の強打の右を振るがディフェンスが甘くセグラのコンビネーションを被弾する。

セグラはハロのうち終わりに必ず左ボディを放ちコンビネーションで肉薄。

そしてコンビネーションの中の左ボディがみぞおちに入り効いたハロは下がる!!

セグラは腕を振りながら追撃し顔面2発、最後に左ボディを当てるとハロは悶絶してダウン!!そのまま10カウントを聞いた。

 

所感

 

セグラの全盛期ですね!!

ライトフライ級時代のセグラの長いリーチから放たれるボディは強烈でカルデロンも2度これで沈んでいます。

 

ハロは元々減量を真面目にしないタイプで日本でもよく体重超過してましたよね笑

ハロはかなり減量きつかったんだと思いますが右1発狙いできたけど全く不発のまま撃沈…

 

やっぱりライトフライ級時代のセグラはマジで強かった。

ビロリアにフライ級で負けたから存在感がなくなったけど当時の軽量級を牽引する存在でしたよね!!