ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

世界初の軽量級ミリオンダラーファイト! マイケル・カルバハルvs.ウンベルト・ゴンサレス1

こんにちは。管理人です。

今日は1993年にアメリカで行われたWBC.IBFライトフライ級王座統一戦

IBF王者マイケル・カルバハル(アメリカ)vs.WBC王者ウンベルト・ゴンザレス(メキシコ)の一戦です。

Mexican American Sportspeople: Ted Williams, Fernando Vargas, Michael Carbajal, Jesus Gonzalez, Johnny Tapia, MIA St. John, Tito Ortiz

Mexican American Sportspeople: Ted Williams, Fernando Vargas, Michael Carbajal, Jesus Gonzalez, Johnny Tapia, MIA St. John, Tito Ortiz

 

 

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

この試合はこの年のファイトオブザイヤーに選ばれるほどの激闘でなんといっても軽量級初のミリオンファイトなんですよね!!

 

カルバハルはこれまで6度の防衛に成功しており強打を武器にKOを量産。ゴンザレスは一度まさかの王座陥落を迎えるも返り咲きこれが5度目の防衛戦。

名王者同士の統一戦ですね!

そして試合ですが、まぁ稀に見る激闘も激闘。

前半2度のダウンを奪うゴンザレス。しかし迎えた7回カルバハルの強烈なショートの左フックで逆転KO負けを喫するんですよね!!

 

この激闘を久し振りに見て見たいと思います。

 

試合経過

 

1ラウンド

初回からゴンサレスは踏み込む機会をフェイントを織り交ぜて伺う。

カルバハルは距離をとってジャブをついて時折大振りの左フックを見せる。

ゴンサレスはボディ中心に距離を詰めて顔面にフックも返すが、カルバハルもインサイドでアッパーを当てる。

ラウンド中盤には両者頭をつける距離で打ち合いゴンサレスのボディ、カルバハルのフックとアッパーを交換する。

 

 2ラウンド

カルバハルのジャブの精度が高いが、ゴンサレスは手数が多くサウスポーにスイッチもする。

ラウンド中盤カルバハルの右ストレートがヒット!!

しかしゴンサレスサウスポースタイルからワンツーを当て返し1発で勝るカルバハルをラウンド残り30秒強烈なワンツーでダウンさせる!!

かなり効いているカルバハルはピンチを迎えるがラウンドを耐えきる。

 

3ラウンド

ゴンサレスは頭をつけてボディを狙うがカルバハルも強烈なフックをインサイドで返す!!

パンチの効果の差はカルバハルの方が上だ。

ガードの外側から右フックを打ちおろすカルバハルをゴンサレスもラウンド終盤左目尻を切りながらも左ストレートでカルバハルを下がらせる!!

www.boxsharpjab.com

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

4ラウンド

ゴンサレスはサウスポースタンスから左を打ち込みカルバハルはうち終わりに右アッパーとフックを狙う。

しかし、ゴンサレスが中盤ワンツーを当てカルバハルを下がらせる!

ゴンサレスは頭をつけてボディを狙い、終盤カルバハルは右ショートをダブルで当てる!!

 

 5ラウンド

ゴンサレスは開始早々距離を詰めてボディを打ち込み、カルバハルのフックに右フックをカウンターで当ててダウンを奪う!!

カルバハルは効いているものの頭をつけてボディを打ち込みパンチを脱出しようとする。

中盤には逆に打ち疲れのあるゴンサレスをロープに詰めてボディを見舞い、右ショートをぶち当てる。

終盤両者は一歩も引かずに打ち合い解説はボクシング史上に残るラウンドだと語っている。

 

6ラウンド

カルバハルはロングレンジから右をコネクトし、ワンツーを放ちやや距離を取る。

しかし、サウスポーでワンツーを放ってくるゴンサレスの接近を許す場面が多い。

ラウンド中盤にはカルバハルが左フック、右アッパーのワンツーをコネクト!!

ゴンサレスは手数を多く出すがパワーで劣る。

しかし、終了間際には右フックでカルバハルを下がらせるがカルバハルも右を返す!

www.boxsharpjab.com

 

 

7ラウンド

カルバハルはジャブを突きながら下がる。

ゴンサレスはオーソドックスに戻してコンビネーションを細かく当てて距離を詰める。

中盤サウスポーにスイッチしたゴンサレスに接近戦でカルバハルの右フックからの左アッパーがクリーンヒットし、ゴンサレスは大きくよろめいてコーナーに下がる!!

ここぞとばかりに距離を詰めるカルバハルは左右のフックを打ち込み、ゴンサレスも打ち返してリング中央に押し戻すが、ラウンド残り1分右フックからの左フックをまともに被弾してまたもよろめく!

カルバハルは冷静にジリジリ距離を詰めて右フック、左フックをぶち当ててゴンサレスを痛めつける。

そして迎えた残り20秒にカルバハルのショートの右フックが顎を捉え、さらに右の打ち下ろしでよろめくゴンサレス!

追撃するカルバハルに左フックを放とうとするゴンサレスだが、カルバハルの渾身の左フックをカウンターでまともに被弾!!

意識を失ったゴンサレスはカルバハルに寄りかかりカルバハルは振りほどいてゴンサレスは横倒しにマットに落下!!

勝利を確信したカルバハルは狂喜乱舞し、ゴンサレスは立ち上がれないまま10カウントを聞いた。

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

 

いやー激闘も激闘ですな…

カルバハルはサウスポーが苦手なことで有名でゴンサレスはスイッチして戦ったんですけど、結果論で言うと距離を詰めたのが間違いかな。

 

あの距離だとカルバハルの得意のショートが振り回せてサウスポーの利点があまり活かせない。

カルバハルは明らかに至近距離での一発を狙っており、7ラウンドにそれが爆発。

最後の左フックはボクシング史上に残るほど綺麗な狙いすましたパンチでしたな。

 

ちなみにカルバハルは引退試合でホルヘ・アルセに大逆転KO勝ちして王座返り咲きを果たしての引退…カッコいい…

うん、ボクシングにおいて一発逆転できる強打者ってやっぱり有利ですな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com