ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

モンスターも強いんだけどなー…フリースタイルダンジョン 10月10日放送分

広告

こんにちは管理人です。

フリースタイルダンジョン10月10日放送分をレビューします!!

フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUND TRACK VOL.2

フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUND TRACK VOL.2

 

前回から始まったbattle of super rookie

高校生ラップ選手権で名を挙げた若手たちがダンジョンに挑戦する企画ですね!!

 

前回の放送ではhardyをモンスター烈固が、HIBIKIをモンスター輪入道がそれぞれ下して2nd ステージへの道を閉ざしました。

 

そして今回のチャレンジャーは前回大会のベスト4入りを果たした藤KooS

インタビューでACEを下手くそとディスる…

 

迎え撃つモンスターはもちろんACE

インタビューでは特に怒りを見せないが内心はどうなんだろうか…

 

1ラウンド

先攻モンスターいつも通りタイトな韻をバイブス全開で次々踏むのだが会場が上がらない

チャレンジャーは『音楽性、小学生、ローカル線』と踏みながらディスるがちょっと用意してきた感あり。

しかしその後高速フロウで会場を上げる。

モンスターは最後に『小学生はお前の体格だろ』と返すがそこまでのアンサーが上がらない…

チャレンジャーは最後のバースはあまりパンチラインがなかったものの観客に向かって『ダンジョン待ちくたびれたぜ』と言い放つ。

 

判定は3-2でチャレンジャー

 

2ラウンド

先攻モンスター 詰め寄るような距離で『高校、後攻、方向性、マスタベーションしたんじゃねぇよ想像で』 で会場を上げる

その後も死ねなど直球のディスを打ち込む。

チャレンジャーは『音楽性見失ったらラッパーとして終わりだろ』と間を開けて普通にと返すがすべった印象。

その後フロウで返すがあまり上がらない会場。

モンスターは詰め寄り続けて死ねなどの直球ディスと『フロウだけで中身がない』と的確なことをディスる。

チャレンジャーは華麗にビートに乗せて言葉をはめるのだがACEの中身が無いというディスが効いてしまう。

 

判定は4-1でモンスター

 

3ラウンド

先攻チャレンジャーは雑魚といったことを撤回『ACEが評価されていたのに手のひら返しで評価が急落している気持ちはわかるが潰しにかかる』とストレートに来る

モンスターは『ライミング、ライジング、タイミング、最新級』と脚韻で声を張り上げポイントを稼ぐ。

チャレンジャーはオリジナリティのあるフロウで返すも音楽性の話をまた持ち出してしまった感がある。

モンスターは最後チャレンジャーの土俵でフロウをかまして『どっちが雑魚だこのバーローが』と締める。

 

判定は4-1でモンスター!

ACEがチャレンジャーを打ち取った

 

次のチャレンジャーは13回大会覇者のG-HOPE

彼は2代目モンスターの初陣で烈固と対戦し接戦の末敗退。2度目のチャレンジとなる。

 

迎え撃つモンスターは崇勲

観客からの声援に優しく答える崇勲

 

1ラウンド

先攻モンスターは間を開ける独特のライミングで『キレてるかも知んない、長野の新米とまったりライミング』

チャレンジャーは音に乗りながらギャグラップとディスり世代交代をアピールするがイマイチ上がらない会場

モンスターは『でました結果。』『ツイッターでクソリプ送ったのてめぇか?』と上げて『ガキの悪口』とディスる

チャレンジャーは頑張って声を張り上げてラップするがいかんせん崇勲のペースに乗せられている印象。

 

判定は4-1でモンスター

 

2ラウンド

先攻モンスターは『そんなラップで上がれて羨ましい疑わしい』とライミングして『適当なこと言ってるだけ』とディスる。

チャレンジャーはクールにラップしながらフロウも見せるもののいかんせん言うことが子供じみていてすべっている印象

モンスターは『失笑しちまうくらいのラップショー爆笑』と嘲る。

『フリースタイルダンジョンは日雇いじゃない』と嫌味なディスをかます!

チャレンジャーは音に乗って動きながらラップするもどうしても滑稽に見えてしまう。

 

判定はクリティカルでモンスター!!

 

所感

 

うーん、モンスターが強いっていうかチャレンジャーが物足りないっていうのが本音かな。

いやもちろんACEも崇勲も強いんですけどこの前のふぁんくとかと比べちゃうとどうしても格下感が否めないですよね…

 

高校生ラップ選手権から連れてくるならじょうとか9forとかちゃんみなとか連れてきてほしいですよねーあと写楽とか笑