adsense
adsense
pickup

今年を何かと賑わせているコロナウイルスですがコロナの影響でアマチュアトーナメントのアメリカのナショナル大会は今年は中止になりましたな。

クロフォード"コロナウイルスの恐怖を利用した陰謀があるよ"updates!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

コロナウイルスの影響は絶大でこれからも多くのイベントが中止、延期になると思われます。3月に行われる予定だったニューヨークのスティーブンソンとマリアガの試合は行われるはずで無観客試合になると当初は言われておりましたが結局のところ延期。この流れがどこまで続くかだなぁ。

この決定で大きな被害を受けるのはオスカー・デラホーヤのゴールデンボーイプロモーションで残念ながら19日に予定されていたジョエト・ゴンサレスの再起戦であるクリス・アバロス戦と28日にフォーラムで予定されていたバージル・オルティスとサミュエル・バルガスの試合も延期。多くのファイターが被害を被っているためこの辺りは補償などのケアをして欲しいものですな。

マッチルームとしては色んな試合を別なロケーションでやる方向でなんとか話を進めたいようですが、ここから8週間人が集まるイベントはできないそうでかなり苦しいかな。

よせよせキャンベル…ライアン・ガルシアvs.ルーク・キャンベル予想

続いてクルーザー級コンテンダーのトミー・マッカーシーさん。ビラル・ラグーンを大苦戦の末僅差判定でなんとか破って破ってヨーロッパ王座を手にしましたな。

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの決勝でユニエル・ドルティコスを下したブリエディスが戴冠。WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。

"俺はベルファストで最もタフでラフな男なんだ。それに俺は黒人の歴史で初めて黒人の月でヨーロッパチャンピオンになった男になったね。ヨーロッパのレベルで停滞するつもりはないし、次でブリエディスとやりたい。俺がキングでヨーロッパで最もタフな男が俺だ。"

ヨーロッパキングかよ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

意識を刈り取るポーランドの鉄槌!クリシュトフ・グロワッキ!

adsense
おすすめの記事