adsense
adsense
pickup

WBO.WBA.WBC世界ライト級チャンピオンのワシル・ロマチェンコとの試合を判定で制して23歳にして4団体統一チャンピオンとなった無敗のテオフィモ・ロペスさん。WBC正規チャンピオンのデビン・ヘイニーを黙らせてキャリアを潰すためだけに試合を受けると話しておりますな。

ロマチェンコなら楽勝やろ( ̄ー ̄)…ファ!?((((;゚Д゚)))))))ワシル・ロマチェンコvs.テオフィモ・ロペス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

テオフィモは12月のコミーとの試合で初回こそコミーのタイミングの良いジャブに顔を弾かれて右オーバーハンドをクロスで当てられるなど苦戦しておりましたが、2ラウンドに入ってからはハードパンチャーのコミーの入り際を狙う作戦を敢行。

そしてコミーが入ってくるところにタイミングの良い左フックを合わせて、さらに右ストレートに合わせて右ショートをヒットさせるとコミーは痛烈にダウン!よく立ち上がってきましたがふらついてテオフィモが遅いかって左右フックを叩き込みまくるとストップとなりましたな。

この勝利でテオフィモはターゲットにしていたロマチェンコがかつてから話していた通りベルトを手土産にすることに成功。ロマチェンコも残るIBFタイトルを持つターゲットとして2人の試合は同じトップランクであることからも実現。無観客試合なのは残念だだったけどな。

テオフィモ。スター誕生…リチャード・コミーvs.テオフィモ・ロペス

"ヘイニーとの試合を俺が受けるとしたらそれは奴のことを黙らせてキャリアを潰すためだけの試合になる。俺はそんなこと気にしないし本当にそうなるよ。俺はそんな感じの男だし彼の他の試合のことを楽しみにするような人間じゃない。もし彼が本当に試合をやりたいなら俺は構わない。みんなと同じように口だけではないといいけどね。彼はネクストメイウェザーとか話してるよね。あの嘘つきを倒しておかないといけないよ。ツータイムのメールチャンピオンを倒すことなんて気にしてないよ。言ってることがわかるか?それなりに良い金になると思うしね。多くの人が俺が正真正銘のチャンピオンじゃないとか話してるのは知ってるよ。それはスレイマンが色々とやってきたことがあるからね。ベルトを取った時からWBCのフランチャイズチャンピオンだと言われてるんだ。それであいつはもう倒されているガンボアとの試合をやろうとしてるんだろ?ヘイニーでも誰でも俺は気にしないよ。まぁ彼らは俺との試合をやらないんだけどね。"

若い時代からの潰し合いは熱いな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

才能溢れるアメリカのドリーム!デビン・ヘイニー!

adsense
おすすめの記事