adsense
adsense
pickup

IBF世界スーパーフライ級チャンピオンで先日ジョナサン・ロドリゲスとの激闘をダウンさせた末に判定で制したヘルウィン・アンカハスさん。ロドリゲスがダウンした時に試合が終わったと思ったと話しており、立ち上がってきたことにはリスペクトしてると話しておりますな。

あっけないのう…ヘルウィン・アンカハスvs.ホセ・アルフレド・ロドリゲス

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

アンカハスはサウスポーのハードパンチャーでチャンピオンとなってからは無敗。9度目の防衛に成功しており、今回がPBCで初の試合。今回のパフォーマンスならまた次もありそうだな。

アンカハス"勝てたことにはとてもハッピーだ。俺はカムバックするチャンスを長く待ってたし、SHOWTIMEで初めてファイトできてエキサイトしてる。これがこれまでで俺の中で最もタフだった試合だね。俺の中で最もアフだった防衛戦だし、大きなカートで試合をやれて良かったよ。このチャンスのためにハードにトレーニングしてきたし勝てて良かったね。ダウンさせた時は試合が終わると思ったよ。彼のコーナーは続けて欲しくなさそうだったからね。でも彼は立ち上がってファイトしてきたし、そのことはリスペクトしてる。"

ロドリゲス"スプリットディシジョンだったと思うけどジャッジが俺たちにとって敵なのはわかってたよ。"

アンカハスさん明日への手がかりがあって良かったね。

鋭く踏み込むパッキャオの後継者!ヘルウィン・アンカハス!

続いてスーパーウェルター級コンテンダーで試合を控えているアンソニーフォーラーさん。セルヒオ・ガルシアのような相手と試合をしたいと話してますな。

スーパーウェルター級ではWBOのハイメ・ムンギアが王座を返上してここにはブライアン・カスターノ君臨しています。WBA.IBFWBC王者のジャーメル・チャーロ、WBAレギュラー王者のエリスランディ・ララらの王者勢の他にも元王者のジャレット・ハード、ジュリアン・ウィリアムス、トニー・ハリソンらがおりますな。

ちなみにスーパーウェルター級はかなりチャンピオンの交代が激しく、今いるチャンピオン達は誰も初防衛戦をクリアしてませんね。チャーロとララは2度目の王座のという意味ですが。ウィリアムスはハードに勝って戴冠したものの初防衛戦で地元のフィラデルフィアにてまさかのロサリオにノックアウト負けしてしまいましたからね。

"俺はシェーンとのトレーニングに完全に順応したと思ってるよ。12ラウンドのスパーリングなら簡単にやれるしホームならもっとたくさんやってるよ。30歳になったばかりだし全盛期に差し掛かったね。俺はどんなファイターなのかみんなに見せたいね。シェーンは俺によりプロフェッショナルになってほしいみたいだ。"

ほう。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ハリソンならシャープさでいけるやろ…トニー・ハリソンvs.ブライアント・パレーラ予想

adsense
おすすめの記事