adsense
adsense
pickup

英国プロモーターのフランク・ウォーレンさん。本日ラスベガスにてプロモートしているタイソン・フューリーがデオンテイ・ワイルダーを7ラウンドでストップしてWBCタイトルを獲得しましたがワイルダーが2ラウンドから足がおかしかったことはわかってたと話していますな。

ジプシー・キングが四冠達成!!!デオンテイ・ワイルダーvs.タイソン・フューリー2

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ワイルダーは試合後に試合前から足首を痛めていたことを明かしておりましたな。フューリーが試合ではアグレッシブに出てきてワイルダーから2度のダウンを奪いましたが夏にリマッチするかはワイルダーの回復によるかなぁ。

ウォーレン"俺はアドバイザーだから次の試合とかどうしたいかはフューリーが決めることだよ。次はデオンテイではなくてジョシュアとやりたいね。ジョシュアとの試合は次ではないかもしれないけどグレートな試合になるよ。イギリスでやってもどこでやってもこのスポーツで最大のイベントになることは間違いないね。ハーンはいつも何か話してるけど彼からオファーが来たことはまだないね。彼らからオファーをしてくれるなら喜んで応じるよ。でも今夜はフューリーの夜だからね。ワイルダーの足に関しては俺はあまり知らないけど確かに2ラウンドから少し動きが明らかにおかしくなったのはわかったよ。"

まぁ足が悪いのは仕方ないかな。

メンタルヘルスを乗り越えたモハメド・アリ以来の天才ジャイアント!タイソン・フューリー!

続いてオーストラリアのミドル級プロスペクトのジェシー・ホワイトさん。ベテランのファノ・コリーを判定で下しており試合後にコメントが来ております。

ミドル級ではWBC.WBA王者にドル箱スターのカネロが君臨。WBO王者に無敗の2階級制覇王者のデメトリアス・アンドラーデがおり元王者のゲンナジー・ゴロフキンも虎視眈眈と返り咲きのチャンスを狙っておりIBFベルトをセルゲイ・デレビヤンチェンコと争ってゴロフキンがダウンを初回に奪って2ラウンドには偶然のバッティングでデレビヤンチェンコが目の上をカットして流血するなどしたもののデレビヤンチェンコは5ラウンドにボディで効かせてコンビネーションを打ち込んで接戦に。ゴロフキンが僅差判定勝ちを収めておりますな。ちなみにゴロフキンは次の試合では指名戦をやる予定になっており、カネロは戻ってこなさそうかな。カネロの次戦はスーパーミドル級と目されております。

"俺はアマチュアでも11試合しかしてないからまだ学んでる。でも正しい方法で学べてると確信してるよ。ダニー・グリーンが俺のことをボクシングに引き込んでくれたんだ。オーストラリアチャンピオンになるためにハードワークしているよ。"

グリーンはなかなか男やったな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ここで負けたら終焉やな・・・ゲンナジー・ゴロフキンvs.カミル・スゼレメタ予想

adsense
おすすめの記事