adsense
adsense
pickup

先日さいたまスーパーアリーナでノニト・ドネアから11ラウンドにダウンを奪って辛くもドネアを振り切ってWBSSトーナメントバンタム級優勝を果たしている井上尚弥さん。試合後にドネアは死ぬほど強かったとドネアのことを称えております。

お前らデラホーヤとクォーティかよ笑笑 井上尚弥vs.ノニト・ドネア

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

井上はドネアに初回からガンガン攻めてドネアはかなり顔面を赤く腫らしていたものの2ラウンドに接近戦になるとドネアが左フックをコネクトして井上の右目上がカットして流血!

アマチュアを含めて初めてのカットを負った井上は焦って鼻血も出してしまう大苦戦。しかし5ラウンドには右クロスでふらつかせるなどパワーを生かしてきます。しかしドネアも中盤プレッシャーをかけてポイントをリード。9ラウンドには右クロスで井上をふらつかせましたな。

しかし井上が11ラウンドに左ボディを決めるとドネアはダウン!これが決め手となり判定は井上に微笑んでモハメド・アリのトロフィーを獲得しましたな。しかしそれまではドネアのプレッシャーとポジショニングにかなり四苦八苦しており、テクニック的な面では井上は完全に負けてましたよね。

メンタル的な部分でも苦しかったと思いますが最後は若さとパワーとスピードで乗り越えたと思います。

こいつなんでパウンド・フォーパウンドじゃねぇんだよ…井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲス 試合後のコメント、ドネアのコメントもあり!

"ドネアは死ぬほど強い相手だったよ。これは俺のキャリアの中で初めてのカットだったしね。ドネアは真のチャンピオンだと思う。アリのトロフィーを獲得したことはこれまでの俺のキャリアで最高のモメントだし、輝かしい未来が見えるよ。俺はまだオールタイムグレートでは無いけどそうなることがゴールだ。"

さらにプロモーターのケール・サザーランドさん。

"俺たちはランブル・イン・ジャングルやスリラー・イン・マニラを見てきたけど今回はドラマ・イン・サイタマだね。信じられないような試合だった。ロンドンで行われたスーパーライト級のプログレイスとテイラーの試合から飛んできてこの試合を見るなんて信じられないよ。埼玉アリーナには2万人の人が詰めかけてきたし信じられない週末だったね。この試合はファイト・オブ・ザ・イヤーだったよ。本当に接戦だった。ドネアには脱帽だし、井上は本当に素晴らしいファイターだ。この試合は俺がこの目で見てきた中でも間違いなくベストな試合だった。前にも話してるけどWBSSトーナメントはベストとベストの試合だ。ボクシングの神が今夜は俺たちに微笑んでくれたね。"

井上とドネアの試合はファイト・オブ・ザ・イヤー候補ですね。てゆーかこれを獲得したらドネアは全ての賞を獲得したことになるのでは無いかな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

adsense
おすすめの記事