adsense
adsense
pickup

WBC世界ミドル級チャンピオンで無敗のジャーモル・チャーロさん。今週末にセルゲイ・デレビヤンチェンコとの試合を控えてますがこれまでで最もタフな試合はマット・コロボフとの試合で、弟が同じリングでタイトルを盗まれたからだと話しておりますな。

チャーロが力任せにいけば…ジャーモル・チャーロvs.セルゲイ・デレビヤンチェンコ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

兄のチャーロはミドル級でも屈指のフィジカルを持つパワーパンチャー。相手にプレッシャーをかけてロングレンジからワンツーを打ち込むスタイルで、右ストレートと返しの左フックが特に強いですね。パンチがまともに当たればミドル級の誰でもノックアウトできる強さは確かにあります。

しかしチャンピオンになってからはやたらと苦戦が続いており、昨年末のマット・コロボフとの試合ではスーパーウェルター級時代のオースティン・トラウトとの試合のようにサウスポーが苦手なことを露呈。大苦戦してしまいましたな。2度目の防衛戦のブランドン・アダムスとの試合ではプレッシャーをかけてくるアダムスの前に四苦八苦。右拳を痛めてしまっていたそうですが、アダムスのフックを食らってふらつくなどあまりよろしいパフォーマンスはできてませんな。前に倒したホーガンはスーパーウェルター級を主戦場としておりますのでこの相手にはかなり体格差のある試合となりましたな。最近では暴行事件の容疑者になるなど不安定な部分も見せております。

目が離せない試合になるぞ…ジャーメル・チャーロvs.ジェイソン・ロサリオ予想

"俺の最もタフだった試合はコロボフとの試合だね。あの日のリングで弟がタイトルを盗まれたからね。それに俺は他のサウスポーに向けて準備をしていたからとても難しい試合になったよ。モンローがあの試合の5日前にドラッグテストで陽性になったんだ。だからすぐにプロモーター達が他の俺との試合に準備できているやつを用意してくれた。だから俺もリングに上がってベストなアジャストをしないといけなかった。それと同時に多くのことが俺の頭の中に流れ込んでいたよ。俺は奴らが俺の弟からタイトルを盗みやがったと思ったね。あれは俺の中でも最もタフな試合の一つだったよ。多くの世界中の人が接戦だったと思ってたようだけどコロボフは確かに前半パンチを当ててきたね。俺は頭の中をクリアにしないとならなかった。弟が人生で初めて負けたのを見たからメンタルがキツかったよ。でもそれを振り払って破壊モードになったよ。"

俺なら何も思わずにいけるやろうな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ヒューストンの剛腕ヒットマン…ジャーモル・チャーロ!!

adsense
おすすめの記事