adsense
adsense
pickup

カネロ・アルバレスとの3戦目を目指しているゲンナジー・ゴロフキンさん。カネロのプロモーターであるオスカー・デラホーヤがゴロフキンがカネロとやりたいならポジションを取らないとダメだと話しております。

ゴロフキンさんデレビヤンチェンコをしばいてカネロとの3戦目に進む模様…ゲンナジー・ゴロフキンvs.セルゲイ・デレビヤンチェンコ予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

"ゴロフキンとの試合は必ずやるんだろうけどカネロの条件でだ。ミドル級は今最も熱い階級だからね。俺たちは今ミドル級の中心にいるしそれはカネロの動きによって決まるんだよ。俺が試合をしていた時代に遡ればカネロとの試合をつかむためのポジションに行かないとならない。カネロにはとても多くの選択肢があるしゴロフキンはまたポジションを取らないとならない。階段を上らないとダメだね。ゴロフキンにそれができるならカネロとの3戦目は必ず起こるよ。最近ではファイターの名前を出したら交渉するのが難しくなるよ。ファイターのみんなは明日がないかのように考えるからね。今では多くの金がはびこってるからファイターもみんな慎重になってる。カネロとのDAZNの契約がボクシングの歴史上最もリッチな契約だとみんな知ってる。だから俺たちは1人の相手ではなくて同時に何人かを追いかけなくてはならないんだ。"

カネロとゴロフキンの試合ならまたやるんやろうけどカネロIBF嫌いなのでは?

ゴロフキンの勝ちだと思うんやけどなー ゲンナジー・ゴロフキンvs.カネロ・アルバレス

続いてヘビー級プロスペクトのジャーメイン・フランクリンさん。前回の試合となった7月12日のSHOTIMEのカードではスラッガーのジェリー・フォレストと対戦して2-1の判定勝ちとなりアピールに失敗しましたが次戦は10月5日にパベル・ソーと行うことになるようですね。

ヘビー級はかなり激動の階級でありIBF.WBO.WBA統一王座にはアンソニー・ジョシュアをまさかのKOで破ったメキシカン初のヘビー級王者のアンディ・ルイス、WBC王者で歴代最強とされるパンチ力を持つ無敗のデオンテイ・ワイルダー、無敗の元統一王者でサイズとスピードを併せ持つタイソン・フューリー、ルイスに敗れたものの主役の1人のアンソニー・ジョシュア、トップコンテンダーのディリアン・ホワイト、クルーザー級キングのオレクサンデル・ウシクと役者は揃ってますな。以下はプロモーターのサリタのコメントです。

"フランクリンは世界に彼がベストなヘビー級プロスペクトだと世界に見せるミッションがあるんだ。ソーは大きくてストロングだしキャリアハイの勝利のままきてる。歴史的なイベントになるに違いないと思っているよ。"

フランクリンさんはかなり期待されてるけど前回の試合はかなり苦戦してしまったから正念場やな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ミドル級に降臨した戦いの神…ゲンナジー・ゴロフキン!

adsense
おすすめの記事