adsense
adsense
pickup

WBA世界ミドル級暫定チャンピオンでツータイム暫定チャンピオンのクリス・ユーバンク・ジュニアさん。ミドル級でタイトルを狙っておりますがIBFチャンピオンのゲンナジー・ゴロフキンとの試合を希望しており、ゴロフキンに勝てることは分かっていると息巻いておりますな。

やっぱイギリス熱いわ…クリス・ユーバンク・ジュニアvs.ジェームス・デゲール 試合後のコメントもあり!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ユーバンクはコンビネーションパンチャーで昨年2月の試合まではスーパーミドル級で試合をしており、元IBFチャンピオンのジェームス・デゲールを判定で下して引退させるなどキャリアハイの勝利を収めておりますな。

ユーバンクはこれまでかなり期待されてきたものの後に無敗のまま2階級制覇チャンピオンとなるビリー・ジョー・サンダースに僅差判定負け。WBSSトーナメントのセミファイナルでは有利予想だったもののWBAスーパーチャンピオンのジョージ・グローブスに判定負けを喫しておりますな。

今回ミドル級にまた下げてくると言うことですがお父様の元2階級制覇チャンピオンのクリス・ユーバンク・シニアさんはジュニアのことをミドル級であると話しており、その強いフィジカルを遺憾なく発揮できるのは確かにミドル級かもしれないな。昨年の12月に元オリンピック銅メダリストのマット・コロボフとWBA暫定王座決定戦をアメリカのニューヨークで行ってコロボフが2ラウンドに肩を脱臼してしまいストップ勝ちとなりましたが少し釈然としない試合となりましたね。

果てしないボリューム…ニック・ブラックウェルvs.クリス・ユーバンク・ジュニア

"ゴロフキンはシンプルに長年ミドル級のトップにいるし、俺も長年彼との試合を求めてきた。ゴロフキンに勝てることなら分かっている。昨年前に俺と彼の試合は決まりかけたんだけど直前で消えて無くなってしまったんだ。それはいつも俺の中では後悔として残っていることだね。彼との試合をやらないまま俺のキャリアを終えたくはないな。そして彼にはミドル級のタイトルがある。だから彼はシンプルにトップなんだよ。ゴロフキンとの試合をやることが俺のやりたいことリストのトップに来ることは間違いない。タイトルを取ることでこの階級を支配することになるからね。だからみんなも彼のタイトルを欲しがっているよ。ゴロフキンはレジェンドだし、彼との試合ならアメリカでもイングランドでもできる。"

ユーバンクとゴロフキンが今やれば確かにわからんな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

偉大なる父の名を背負うネクスト・ジェネレーション!クリス・ユーバンク・ジュニア!!

adsense
おすすめの記事