adsense
adsense
pickup

ライトヘビー級コンテンダーで昨年セルゲイ・コバレフに挑んだアンソニー・ヤルデさん。オリンピック銅メダリストのジョシュア・ブアツィとの試合の話が出ておりプロモーターのエディ・ハーンがこの試合はO 2アリーナでやるクラスの大きな試合になると話してますな。

yarde-buatsi_2020_09_05_094750

どんだけハードなジャブやねん笑笑セルゲイ・コバレフvs.アンソニー・ヤルデ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ヤルデはロシアに乗り込んで指名挑戦者としてコバレフに挑戦。前半からコバレフの的確なジャブにリードされる展開となるものの左右ボディでコバレフを効かせて中盤にストップ寸前にまで追い込むなど活躍を見せましたな。

しかしコバレフの経験はさすがでジャブとボディを効かされて最後は下がらされてしまいジャブのカウンターでノックアウトされてしまいましたな。イングランドが期待しているハードパンチャーですのでこれからの活躍もますます期待されている若手でございます。ちなみに今のWBOタイトルは空位ですな。

"ナチュラルなファイトになるよ。2021年にO 2アリーナで行えるビッグファイトだ。2人の若いイギリス人のチャンピオンがいるならどちらかは世界タイトルマッチをやらないとね。今の子の世の中だから試合は来年だね。どちらにとっても大きな試合になるね。"

ヤルデさんセカンドチャンスか。

勇敢なる戦士たちの戦い…カラム・ジョンソンvs.イゴール・ミカルキン予想

続いてかつてハードに挑んだミドル級コンテンダーのジェイソン・ウェルボーンとの試合を控えるフェリックス・キャッシュさん。一方的な試合にすると話してますな。

ミドル級ではWBC.WBA王者にドル箱スターのカネロが君臨。WBO王者に無敗の2階級制覇王者のデメトリアス・アンドラーデがおり元王者のゲンナジー・ゴロフキンも虎視眈眈と返り咲きのチャンスを狙っておりIBFベルトをセルゲイ・デレビヤンチェンコと争ってゴロフキンがダウンを初回に奪って2ラウンドには偶然のバッティングでデレビヤンチェンコが目の上をカットして流血するなどしたもののデレビヤンチェンコは5ラウンドにボディで効かせてコンビネーションを打ち込んで接戦に。ゴロフキンが僅差判定勝ちを収めておりますな。ちなみにゴロフキンは次の試合では指名戦をやる予定になっており、カネロは戻ってこなさそうかな。カネロの次戦はスーパーミドル級と目されております。

"これが俺の初めてのメインイベントだし、これだけじゃないといいな。グレートなショーだしグレートなパフォーマンスをして一方的な試合を見せてやりたいね。大きなプラットフォームになるしね。ミドル級でビッグファイトをやりたいんだ。"

ミドル級は熱いな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ヒューストンの剛腕ヒットマン…ジャーモル・チャーロ!!

adsense
おすすめの記事