adsense
adsense
pickup

先日ラスベガスにてタイソン・フューリーに敗れてしまった元WBC世界ヘビー級チャンピオンのデオンテイ・ワイルダーさん。3ラウンドまでには足が使えなくなっていて7ラウンドまで続けられたことに驚いたと話しておりますな。

ジプシー・キングが四冠達成!!!デオンテイ・ワイルダーvs.タイソン・フューリー2

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ワイルダーはフューリーがアグレッシブにくる中ワンツーとジャブを被弾してしまい序盤からかなり苦しい試合に。3ラウンドにはワンツーでダウンさせられてしまい、5ラウンドにもふらつかされてボディでダウンさせられましたな。

そして迎えた7ラウンドにコーナーに追い込まれてワンツーの連打を浴びたところでコーナーがタオルを投入。フューリーの前に1ラウンドも取れない敗退となりましたが左耳からの出血、ダメージもある中で最後まで立っていたその姿はまさしくチャンピオンでしたな。

フューリーはこの試合に勝ったことでヘビー級四冠王に。ワイルダーとのリマッチが夏に予想されますがワイルダーの怪我の回復にもよるかなぁ。ワイルダーは左耳からおびただしいほどの流血をしてしまっていたのでちょっとダメージが心配になるかな。また、ワイルダーの性格的にリマッチは求めてくると思うけど一試合挟んでからとかにしたほうがいいと思うくらいのダメージだったから慎重になるかもですね。

アレオーラさん骨折のワイルダーにボコられる…デオンテイ・ワイルダーvs.クリス・アレオーラ

"リングに立った時に足がおかしいのはわかっていたよ。でも俺は戦士でキングだからガードせずに戦った。ファイトがそこにあったから俺には責任があった。多くの人が試合を止めて言い訳するかもしれないけど俺は戦士だから戦い続けた。俺は真のキングだからガードせずに戦ったんだ。試合の後の夜はよく眠れたよ。でもリングウォークには時間をかけすぎたね。長い間控室にいたし歩いてる時に足がきつくなってるのはわかっていた。足が動かなかったからサバイバルだったよ。ハードなトレーニングしてきたしキャンプでは良かったんだ。ミステイクは俺がしたことだけど最後の最後にヘマをしたね。でもそれは俺の責任だし背負いんでこのことから学んで前に進むよ。3ラウンドまでには俺の足は使えなくなってた。そのあとで彼は俺の後頭部を殴ってきて俺は平衡感覚を失ったね。ボディ攻撃は何も効いてなかったよ。俺は自分のために後ろに下がらない戦い方をしたんだ。俺は勝とうが負けようが真のキングのように戦いたいからね。足が使えなくてあんなに試合が長引くなんて驚いたよ。でも足のことは誰のせいでもなくて俺のせいだ。でも俺は戦士だから何も後悔してることはないよ。"

とにかくカムバックかな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

放つパンチ全てが爆弾のブロンズボンバー!デオンテイ・ワイルダー!!

adsense
おすすめの記事