adsense
adsense
pickup

WBC世界フライ級タイトルマッチの戦線で明日チャンピオンのフリオ・セサール・マルティネスとの試合をやるはずだったもののマルティネスの拳の負傷でお釈迦になった指名挑戦者のマクウィリアムス・アローヨさん。急遽アブラハム・ロドリゲスとの暫定王座決定戦に進むことになることがアナウンスされましたな。

露骨な野郎や…アムナット・ルエンロンvs.マクウィリアムス・アローヨ

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

アローヨはプエルトリコのハードパンチャーで下オリンピアンでもあるアマチュアエリート。双子のマックジョー・アローヨは元IBF世界スーパーフライ級チャンピオンでプエルトリコの双子世界チャンピオンを目指しておりますな。

かつてアローヨはIBFチャンピオンだったアムナット・ルエンロンに挑んでダウンさせたもののしつこいホールディングにしてやられて敵地タイで僅差判定負け。その後は元3階級制覇チャンピオンの井岡一翔に敗れるなどスーパーフライ級にあげたりしてましたな。

しかし元WBCスーパーフライ級チャンピオンのカルロス・クアドラスに判定勝ちするなど実力は確かでコンテンダーのカルロス・ブイトラゴにも判定勝ち。ディフェンスが甘くてダウンすることもよくあるけどオフェンスはかなり良いので今回は期待できそうかな。

ちなみにロドリゲスはアコスタに挑んで2ラウンドKO負けした選手ですね。

堕天のクアドラス…マクウィリアムス・アローヨvs.カルロス・クアドラス

続いてクルーザー級プロスペクトのリッチー・リベラさん。オーランドにてカムバックしてくることをアナウンスしておりますな

クルーザー級は昨年大きな動きがありWBAスーパー王者として長年の間チャンピオンとして活躍してきたデニス・レベデフが39歳でチャンピオンのまま引退したのに復帰して負けてまた引退。4団体統一王者だったオレクサンデル・ウシクがヘビー級に上げたためタイトルは空位となりIBFWBSSトーナメントの決勝でユニエル・ドルティコスを下したブリエディスが戴冠。WBOは同じくトーナメントの準決勝でクリシュトフ・グロワッキをKOしたマイリス・ブリエディスが獲得したもののダイレクトリマッチがオーダー。しかしブリエディスはこれをすっぽかしてドルティコスとの試合を選択してWBOタイトルはローレンス・オコリーとグロワッキの間で争われそうかな。

"俺はハートフォードのコミュニティでクールに振る舞ってる。ボクシングジムが閉鎖したのは悲しかったけどね。俺たちはファミリーの様に接してもらえているよ。俺たちはみんなのことを恋しく思ってるし、願わくばみんなのためにレガシーを残したいね。みんなの健康を願ってるし夢のファイトを続けたいね。"

やるやんけ。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

ラトビアのグダグダチャンピオン!マイリス・ブリエディス!

adsense
おすすめの記事