adsense
adsense
pickup

WBA.IBF世界バンタム級統一チャンピオンの井上尚弥との試合が本日のハロウィンに行われるコンテンダーのジェイソン・モロニーさん。井上をノックアウトすると話しており、自分がボクシングの次のスーパースターになると話しておりますな。

ハロウィンは苦戦になるね…井上尚弥vs.ジェイソン・モロニー予想

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

井上はライトフライ級、スーパーフライ級、バンタム級を制してきた無敗の3階級制覇チャンピオン。驚異的なパワーとスピードを持つモンスターとして世界を席巻しておりWBSSバンタム級トーナメントでも優勝してますな。

フィリピンのレジェンドであるノニト・ドネアと試合をしており目の骨を骨折するなど大苦戦したものの11ラウンドに左ボディでダウンさせてなんとか判定勝ち。この試合ではやはり接近戦に弱いところを露呈しておりますがそれでもレジェンドを力でねじ伏せたことは評価できるな。

モロニーはかつてIBFチャンピオンだったエマヌエル・ロドリゲスに敵地となるマイアミでチャレンジして僅差判定負け。個人的には勝っていたと思っており、インサイドで放つ左右ボディとフックはなかなか硬質で相手をブレークダウンするものがありますな。

こいつなんでパウンド・フォーパウンドじゃねぇんだよ…井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲス 試合後のコメント、ドネアのコメントもあり!

"全てのファイターには弱点があるし、全てのファイターが無敵ではない。俺たちはこの前それをロマチェンコの試合で見たよね。ロマチェンコや井上のようなファイターはみんなが強いと認めてるからアンタッチャブルのように感じられる。でも実際はそうではないんだ。俺の中から出てきている自信はシンプルに俺の信条から来ている。そしてこのスポーツに17年間捧げてきたトレーニングから出ているね。それと同時に、井上の試合には多くの弱点があると思うんだ。ドネアとの試合で彼は多くのパンチを受けていたよね。彼はアグレッシブなファイターで前に来る。だからこそダメージを受けていたんだ。ここにこられて本当に恵まれてると思う。アンドードッグとしてパウンド・フォー・パウンドの1人と試合をやれるんだ。テオフィモが全てのベルトを獲得したことでインスピレーションをもらえているよ。そのことが俺に自信とモチベーションを与えてくれている。俺が井上をノックアウトしてボクシングの次のスーパースターになる。リングで仕事をするよ。"

あのボディに耐えられるかどうかやねんな。

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ダンベル・バーベル・サンドバッグなどの筋トレグッズはこちらから!

世界を席巻するスーパーモンスター!井上尚弥!

adsense
おすすめの記事